無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

タンバールへのオマージュ
「花影」S1 60mm f2.2

2012.1.29

タンバールは対象を浮かび上がらせる魔法のレンズ

 ライカ・タンバールと同じような特性のレンズを作ります。タンバールのような幻想的なレンズはなかなかないからです。

 タンバール Thambarとは1930年代に独エルンスト・ライツ Ernst Leitz社がライカ・カメラ用に開発した90mm f2.2のソフト・フォーカスレンズのことです。当時、日本の基準で家が一件買えるぐらいの価格水準で、たいへんに高価なものだったことから、全生産数は3000本余りであったと言われています。

独ライツ社・タンバール
独ライツ社・タンバール

 数がとても少ないことから現在でも高額で30万円ぐらいから状態によっては100万円を超えるものまであります。このようにタンバールが珍重されてきたのは単に生産数が少なかったからではありませんでした。その独特のボケ方と後代にその設計思想を継承したレンズがほとんどなかったことも大きな原因でした。この"効果"を35mm判で得たいならばタンバールを買うしかなかったのです。(1980年のフォトキナで発表された高野栄一氏の設計によるタムロンSP70~150mm f2.8 SOFTは、ズームとソフト量の調節が出来るというすごいものですが、このレンズのソフト効果はタンバールと同じです。古いレンズを研究されたのかもしれません。高野氏はその後、キヨハラソフトというベス単のコピーも設計されました。)

タンバールの設計図
タンバールの光学設計図

 皆さんは写真を撮られる時、カメラを撮りたい人や物に向けます。その時、その対象物とレンズの間に何かありますか? 何かある時もありますが、たいていは空気以外ありません。しかし後方にはいろんなものがあります。必ず後ろには何かあります。それで多くのソフト・フォーカスのレンズは、対象から後ろへ奇麗にボケるように作っています。タンバールは逆に前に向かって奇麗にボケが出ます。下の女性の写真をクリック、拡大してよく見てください。

木村伊兵衛が撮影した「那覇の芸者」
木村伊兵衛「那覇の芸者」

 1930年代に日本を代表する写真家・木村伊兵衛が沖縄へ旅行した時に撮影した傑作「那覇の芸者」です。ピントは顔のあたりに合焦していますが、柔らかくも詳細に写っています。髪や着物のあたりも確認してみて下さい。手前の肩の方へ向けて奇麗にボケていることも確認して下さい。背景はどうでしょうか? ピントが合っていないので確かにボケてはいますが、美しくはありません。かなり硬質な描写です。ボケはゆるやかに前方に移行していますので、後方は切り離された感じになるからです。しかしこの個性のゆえに、対象が美しく浮かび上がっています。もしこの効果が逆であればどちらかというと風景撮影用という感じになり、これも似たような効果が得られますが、主題が背景に溶け込んで表現は平たくなります。タンバールはもっと近い対象をクローズアップする時、主に人物撮影用に設計されています。

 そんなタンバールのようなレンズを現代デジカメの画角に合わせて作ります。ほとんどのミラーレスカメラにアダプターを使って装着できますが、カメラによって60mm,80mm相当,90mm相当,120mm相当になります。オリジナルのタンバールは90mmで、この付近の画角はポートレート(人物撮影)に適した画角ですが、60~120mmぐらいであれば同様に使いやすいと思います。これぐらいの画角で少し人物から距離を取らないと人を美しく撮影できないと言われています。標準から広角になっていくとスナップ写真のようになるからです。ライカ・ヘクトールは75mm,125mmビゾがあり、ポートレートに使用されますので、そのあたりも参考にしています。

タンバール 90mmを模倣する上で重要な点



 タンバール Thambarの収差の採り方は現代のソフト・フォーカスレンズにはないということと(というよりソフト・フォーカスレンズのラインナップ自体が無くなって久しい光学会社がほとんどだと思います。)すでに過去の設計として切り捨てるにはもったいない程美しいということで復刻することになったわけですが、何も古いものをわざわざ引っ張り出さなくても新しいレンズで良いのではないかという考えはあると思います。或いはフィルターを使えば簡単です。今からそのあたりのお話しをしていきたいと思います。

 写真は19世紀においてはどれだけ明瞭に写っていたのか、今でも古い写真が残っていますので(オークションなどで購入すれば)比較できますが、明晰さという一点だけに関しても玉石混交という状態でした。ガラスを職人的感覚で磨いて幾何学計算はしない古くからの方法と、設計はきちんと行いそれに基づいて正確に製造すべきという方法があって、しだいに後者が優勢になって現代に至りましたが、その流れは高コントラストでシャープな写真が撮れるレンズを生み出しました。ボケを避けて隅々まではっきり写るレンズが優れているとされ、20世紀初期の無声映画にはこのようなレンズが使われていました。(この頃の風景撮影用のレンズで撮られたものは息を呑む程に美しいので、こういったものが評価されたのは十分に理解できます。)

 しかし1910年代からソフトスタイルが導入され、ソフトフォーカスは元はスチール写真の撮影技法でしたが、これを取り入れる形で映画でも人物のクローズアップを中心に使われるようになっていきました。照明やレンズに絹、紗など様々な素材を掛け、ドライアイスでスモークを張ったり、フィルムの現像で低コントラストに仕上げる、さらには市販され始めたソフトフィルターを買うなどあらゆる方法が試されました。そしてまもなく専用機材を作って効果を得る方法を探るようになっていきました。ソフトフォーカス専用レンズのことです。

 ソフトフォーカス専用レンズは、これまで映画撮影で行われてきたソフト効果を得るために考えられたあらゆる方法を凌ぐ特徴を備えていました。主像を明瞭に映し出せるというものです。専用レンズ以外の方法では画面全体がボケてしまうか、その問題を避けるにしてもスマートな方法ではありませんでしたが、ソフト専用レンズは、ヒロインを柔らかく包みこむけれど輪郭の繊細さも失わず、絞りを調整することによって被写界深度とボケ具合を変化させることができる、という利点がありました。

 しかしそれにしても、どうしてここまで拘るのでしょうか。1つにはもちろん女優の美しく撮ってもらいたいという要求があり、これに応える事によって受注を増すという動機があります。これによって一夜のうちにスターダムにのし上がった女優がいたのですから当然の流れです。一方、映画の観客に対しては、人物と背景を奇麗に分離し人々の注意をスクリーンに美しく浮かび上がる表情に惹き付けるという目的がありました。これはソフト効果を利用するなら、専用レンズ以外では無理でした。

 この道理でいくと、どうして現代の多くのソフトレンズが使えないと言われがちなのか、よくわかると思います。ソフトレンズはソフト効果を出すためにあるのではなく、ソフト効果によって獲得できる表現を得るためにあるからです。目的が達成できるのであればソフトでなくても良く、それでもソフトによって得られる効果は大きいので、わざわざ専用レンズまで作られたのです。本来ソフトレンズというと、そういう微妙な効果が得られるものだったわけで、はっきり「ソフトだ!」とわかるような使い方をするものではなかったということです。従ってソフトレンズを作ろうという設計者はただ闇雲に球面収差を残したレンズを作るのではなく、適切な効果が得られるように設計すべきなのです。

 ライツの設計師マックス・ベレクが設計したタンバールは、ベレクが創造したものではなく、映画用であれば当時はこういうものを作るのが当たり前だったのです。スチールであれば、もう少し違う工夫をするのですが、しかしそれらは大判用レンズなので、映画用のフィルムを使うライカには映画用の収差の方が合うと思ったのかもしれません。今の感覚では考えにくいですがこういう設計のものは他に類例がないという経緯からタンバールはとても貴重なものです。

 30年代にタンバールが発売されて以降、ソフトフォーカスの分野はほとんど省みられなくなりました。映画撮影ではいろんなものが進歩してソフト専用レンズが使われなくなっていき、スチール撮影用にはソフトだけに専用のレンズを買うのは経済的に大変だったという事情があったと思います。やがて安価な日本製品が出てきてからソフトレンズも復活しましたが、それらは人物撮影用として意識されたものではなく、どちらかというと風景用だと思います。ベス単など日本にはソフトというと風景を撮影する伝統があるのでそういう方向のものが作られていったのかもしれません。だから人物撮影用のソフト・フォーカスレンズがあっても良いと思います。子供やペットを撮影する、結婚式などで使いたい人は多いのですから、なおさらそう思います。

 「花影」はタンバールの90mmから60mmに変更されました。レンズは焦点距離によって前後の遠近感が変わってきますので、ポートレートを撮る場合には、中望遠の75mm前後から135mmぐらいまでのレンズを使うのがちょうど良いとされています。そこを60mmの変更となりますと、標準レンズに近くなり過ぎますが、多くはデジタルで撮影されますので、これぐらいでなければ使いにくいと思います。60mmと90mmでは見える世界が違いますのでどうかと思いますが、マイクロフォーサーズで使うと120mmになるので、これ以上の望遠は厳しいということで微妙な判断となりました。APSでも今は安いので、可能な限りセンサーの大きいカメラを使って欲しいと思います。マイクロフォーサーズマウントでの使用を想定しない、もう少し長い「花影」も検討する可能性はありますが、基本的には60mmでも十分でしょう。

花影S1 光学設計図
花影 S1の光学設計図

 タンバールの構成と非常に似ていますが、焦点距離を短くしたのでレンズの間隔が狭くなっています。レンズ外径も小さくなっています。ライカのトリプレット派生型のレンズでエルマー以外では、広角は1,3群貼り合わせ、標準から少し長いものまでは全群貼り合わせ、90mm以上では第2群貼り合わせ、場合によっては3群も貼り合わせとこうなっています。焦点距離によって適切な構成があることが窺えます。50,73mmは全群貼り合わせていますが、90mmの中央貼り合わせをそのままに60mmにするのは本来の考え方ではありませんがあまり問題ありませんでした。もしソフト・フォーカスでなかったら無理だったかもしれません。収差も90mmオリジナルとほぼ同じですが、焦点距離が2/3ですので被写界深度は多くなると思います。

 ソフト・フォーカスレンズの効果の出し方は、主に球面収差を利用します。これに色収差も足すことがあります。タンバールは、色収差はほとんど補正しています。(この「ほとんど」というところにも綾がありますが。)球面収差のみ利用して効果を得ています。タンバールはプラス3に過剰補正を掛けています。おそらくその量は絞りを一段絞ったあたりで決めています。周辺の光の状態など環境でソフト量も変わるので、常にベストな位置はありませんが、一段絞った付近の前後で程よい効果が得られるように配慮しています。もしこれを開放で大きなソフト効果を得る方向で撮影する場合、非常に多くの収差を以て効果を得ているのですから焦点移動は必ずあります。下に掲載してありますのは球面収差図ですが、絞り開放の場合左図のようにずれます。このずれは撮影するものの距離を近づけるとより露になります。使うのは主にf2.8以下ですから0.75ぐらいの高度の部分になりますけれども、それでも一定量ずれています。これはどうしようもないので本物のタンバールもこの問題はあります。それで光学部全体を1mm前に出したのが中央の図で、f2.8付近でピントはしっかり合います。しかしf4以上絞り込んでいくとピントは合いません。ただタンバールの場合は90mmなのでもう少し穏やかです。光学部をさらに1mm前進させると右図になりあまり使わないであろう開放付近でピントが来ます。花影S1はタンバールと同様、左図にしてあります。この辺はおそらくタンバールが使いにくいとされていた主要な原因かもしれません。60mmであればもう少し問題が露になってきます。それでもライカの場合は距離計を信用して撮って欲しいと思います。そうでないと画全体にソフトがかからないからです。液晶で確認しながら撮る場合もそのあたりを参考にしていただいて匙加減を調整して下さい。

花影S1 球面収差図
花影 S1の球面収差図

 絞り開放で撮るとかなりボケます。2段も絞ると相当シャープになります。それでその中間のどこかを探っていきますが、そうであればソフト量で絞りの自由度が奪われているわけですから、あたかも絞り固定で撮らなければならないような不便なレンズです。後代の日本製のレンズであれば、ソフト量の調整が別に付いていて、もう少し絞り値選択の自由度がありますし、あるものはソフト効果をオフにできるとか、さらにはズームもするかもしれません。これをタンバールに取り入れる場合、タンバールは単焦点レンズなのでズームはしませんが、他の要素を導入するのは可能です。レンズの間隔を変えるだけで効果を得ようと思えばできるので、この便利な機構を導入することで考えていました。しかしこれがどうも良くありません。確かにソフトにはなりますが、ただそうなれば良いのであれば、何のためにわざわざタンバールを復刻するのかという話になります。それぐらい釈然としない画が生成されます。品がなくなる感じがします。やはり相応しい位置に決めきらないといけないと思います。

 最初にソフト・フォーカスレンズが作られたのは大判用でしたが、英ダルメイヤー Dallmeyer社によるもので、1893年(Tripretが発明された同じ年) ダルメイヤーはベルグハイム Bergheimという写真家を顧問として彼の助言を受け入れる形で、1896年 世界初めてのソフトフォーカスレンズを作りました。このレンズはソフト効果を調節することが可能でした。すでにこの世界最初のもので、レンズの間隔を動かして効果を調整できるレンズを作っていたようです。ところが、この簡単で便利な機構を他のメーカーが採用したがらず、以降作られたものはソフト調整を省いたものでした。これはやはりソフト効果の"品質"ゆえだと思います。収差配置が変化してしまうので、他社を上回る美しい効果を売りにしたいメーカーには容認し難かったのだろうと思います。この拘りはプロ機材だったからだと思います。時代が大きく下って、安価な日本製中心になった時には大部分の購入者が一般の消費者になったので、性能や汎用性重視になって調整機構が復活したのだろうと思います。

 古典の方法論ということで、タンバールについて触れておかなければならない別の重要な点は、特殊フィルターに関するものです。タンバールは絞ってゆくとソフト効果が減衰します。つまり主にレンズの外周部の収差を使って効果を得ていますが、そうであれば真ん中の性能の良い部分を隠せば、さらなる効果が期待できるということで、光が中央を透過しないようにするフィルターが付属しています。その分、入光が減りますのでf値を変更する必要があり、フィルターを使わない時と使う場合で2種類の目盛りが記載してあります。

タンバールに刻印された2種のf値
タンバールに刻印された2種のf値

 しかしこれは実際にはソフト効果を高めるというよりも背景のボケの騒がしさに対する対策と思われます。フィルターは使わなくてもソフト効果は十分だからです。一方フィルターを使った場合は、背景のボケの乱れがフィルター中央の形状を反映して、丸々と綺麗に整います。静止画撮影で背景が汚いと作品作りが難しくなるのでこれに対応したものと考える方が自然です。大判写真ではこのような方法を使わず、球面収差は僅かにアンダーとし、色収差を混ぜていくことによって背景の乱れを回避しています。(独特許 DE372059参照。この特許はタンバール販売開始より約10年前にすでに発表されていました。) ソフト効果をライカ判のフォーマットに適用する際にもこの方法を率直に採用すれば良かったのですが(特許というのはよくわからないもので上記のドイツ特許の内容もだいぶん前から普通に使われていた方法です。それを1920年代になって今更特許申請でしかも受理というのは不可解です。)そこを強引に映画用の収差を導入しています。フィルターを付属してでもそうしたかったようです。ところが、このフィルターというのが曲者でボケが整うのはわかるのですが、いかにも恣意的でナチュラルさに欠けます。効果がチープです。木村伊兵衛はタンバールを多用して肖像写真を撮り、先程の作品もその1つですが、彼はこのフィルターが嫌いだったようで全く使用していませんでした。もしかするとベレクも同じ考えだったのかもしれません。フィルターを使うべきなのであれば、イマゴンのように使用必須の設計にすれば良かったのにそうせず、フィルター無しでの撮影も想定しています。フィルター無しでも問題ないということをメーカーとしてアナウンスしているということです。フィルターは市場の顔色を窺うために付属して体裁を付けたもののように思えてなりません。そこまでしてでも、オーバーコレクションにしたかったベレクの感性は興味深いものがあります。彼は人物撮影用と思われるトリプレットの設計でもオーバーにしており、ここでは僅かな球面収差と色収差を足しています。実際に販売されたエルマー、ズマール、ズミタール、ズマリット50mmレンズもプラスです。ただこれらは僅かなのでライカの独自性という範疇で収まっていますが、タンバールぐらい大きな収差を入れるとなると十分な検討が必要だっただろうと思います。ベレクが従来の大判肖像写真の表現を避けた、さらにペッツバール構成、色消し対称型までも避けたのは意図的だと思います。ペッツバールのオリジナル設計についてはベレク自身よく研究しており評価もしていますが、それでも少なくとも彼自身の設計は残っていないようです。この振り分けの思想はアストロ・ベルリンのビーリケによく似ています。ビーリケは見習い時代に申請した特許にペッツバールがあり、特許を取るぐらいなのでかなり可能性を研究していた筈ですが、ベルリン時代以降はこの構成に手をつけていません。ベレクと同様、トリプレットの派生型とガウスを重んじています。エルノスター ~ ゾナー型に対する興味も似通っています。(ベレクは晩年にエルノスター型の特許を取得し始めました。DE889077 DE936774 US2164028 US2297452。米特許の2164028はアストロ・ベルリンのタホンに近いものがあります。)ビーリケは主に映画用にレンズを供給していたので、このような選別を行っても何ら不思議はありませんが、ベレクは違いますのでこうした独自の結論を持っていたことがライカ独特の魅力になっているのかもしれません。そこへフィルターを使ってせっかくの拘りをあいまいにしてしまうのはどうかと思いますし、これが良ければそれでいいのですが、中途半端というのなら無い方が良いだろうと思います。「花影 S1」販売の方面からはフィルターを付けた方が販促上有利と思われるし、オリジナルは付いているのだから後ろめたさを抱く必要はないのですが、フィルターを使うべきではないという共通認識を皆様と共有することでベレクの本来の考えを引き継ぐのが相応しいという結論になりました。それでも気になる方は、このフィルターは簡単に作れるので試してみて下さい。レンズ保護フィルターの真ん中にf6.3と同じ大きさに切り抜いた丸い紙を貼り付ければ完成です。適当で構いません。おそらくその自作フィルターを今後も使うことはないでしょうから。(多くの人がミラーレンズを嫌うのと似たような理由と言えばもっとわかりやすいかもしれません。)

木村伊兵衛が撮影した「那覇の市場」
木村伊兵衛「那覇の市場」
木村は那覇の市場を見て「映画のように撮りたかった」といってこの作品を撮影したと言われています。もし彼がライカのレンズを持っていなければ、こう思わなかったかもしれません。


 花影S1の鏡胴について幾つか必要ことについて説明しておきたいと思います。下図の緑で示している部分はフードですが取り外し可能です。特にデジタルではフードを外して撮影するのはお勧めできません。必ず必要なので付属しました。径は40.5mmです。

花影S1 鏡胴設計図
花影 S1の鏡胴設計図

 赤の部分は絞りです。黄色は距離連動に関連した部分で、この2ヶ所はカムが違うのでライカの距離連動とレンズの繰り出しが一致するようになっています。カムが2つであれば、回転ヘリコイドとなり、黄色部分より右は固定ですが、左は回転します。それで絞りの目盛りは2ヶ所に打ってあります。レンズ銘などの刻印は普通、前玉の脇に入れますが、フードをずっと付けていれば見えません。それでフランスレンズなどによく見られる方法で、絞りリングとフードの間の余裕に刻印することにしました。

 鏡胴は金属を使いますが、使われるのは2種でジュラルミン(航空用アルミ)とブラス(真鍮)です。ブラスは重いので極力ジェラルミンで軽量化するのが一般的で、最近のライカは以下のようになっています。

近代ライカレンズの断面図
近代ライカレンズの断面図

 白い部分がジェラルミンで、黄色がブラスです。摩耗を避けたい強度が必要な部分にブラスを投入し、それ以外は極力ジェラルミンで構成しています。そうでないと重くなって疲れます。ライカはたたでさえ重いガラスを使ったりしているので、なおさらです。ロシア物は明らかに安いアルミを全面的に使っており、ヘリコイドにガタが来たりしますが、そのような事態は容認しがたいこのような高級レンズの場合は適材適所でブラスを投入します。材料代としてはブラスはジェラルミンの3倍です。ジェラルミンも決して安い材料ではないので、ブラスを多用するとコストがかかります。ライカレンズともなると結構ブラスを使っていることがわかります。

ズマレックス Summarex 85mm f1.5レンズの断面図
ズマレックス Summarex 85mm f1.5レンズの断面図

 次に戦前の1943年に発売されたライツ・ズマレックス Summarex 85mm f1.5の断面図です。先ほどの近代ライカレンズとは反対です。ほとんどブラスで埋め尽くされています。どうしてでしょうか。質の高いジェラルミンがなかったからかもしれません。ここに見えている白い金属はそもそもジェラルミンでなかった可能性もあります。この金属がブラスより高価だったのであれば、こういう構成になるのは理解できます。しかしこの頃のこういったレンズはコストを考えていないと思うので、何か別の理由があった可能性もあります。ともかく現代には現代の基準で組むのが相応しいですが、復刻となるとやはり外側全面ブラスとしたいところです。技術的な理由はありませんが、塗装が剥がれた時に裏地が露出する感じに高級感があるからです。ブラスは現代では重要な部分に使いますが、重要性が高いと見なす範囲を外面まで広げました。ただ格好をつけているだけですし、それだけでコスト高で重くなると、もはややせ我慢としか言い様のないマッチョで痛々しい状況ではありますが、それでもそういたしました。

 絞りは既製品を使いたいところですが、それができず特注となり、コストを上げてしまいました。この間隔に通していける絞りは既製品でもあるのですが、既製品の場合は回した時に等間隔で開いたり閉じたりします。そうすると口径が大きい部分で1段分の間隔が小さくなってしまい、小口径では間隔が大きくなりすぎて使い勝手が非常に悪くなります。それで回転させた時に開閉するピッチを複雑な曲線でできた溝で構成し、だいたい均等に開閉できるようにしています。

 コーティングに関しては、全6面可能ですが、第3面のみ抜いてあります。もちろんノーコートは全面コート無しですが、コート有りモデルも一面はコートしていません。タンバールもライツに戻してコートを入れてもらう特注を受け付けていましたがそうなっていますし、50年代ぐらいまでのレンズの多くがそうなっているのは観察力のある方はすでにご存知と思います。コートは多かれ少なかれ色を付けるので不自然なものです。理想は真っ黒か白のコートですが、そういうものはありません。白というとノーコートになりますし。コートは非常に進歩していて有用なものですが、異物には違いありません。ノンコートの素晴らしさも知っていた時代の設計師が一面抜きを多用していたのは示唆に富んでいると思います。しかもコートは単層です。これらの決定は製造会社の方々から唖然とされましたので、世間一般でも同様に違いなく、今どき支持されるとは思えませんが、彼らの好きなレンズはすでに市場に溢れていますので問題ないでしょう。マルチは厚化粧? これもいいんですけどね。タンバールに厚化粧? できないでしょう。

 さて、最後にポートレートを数点ご覧いただいて終了します。これは1点目は立って撮影しましたが、他の2点とトップページの1枚は同じ位置で椅子に座って、すべて1分以内に撮影したものです。(他の仕事もこれぐらい速かったら人生、もっと有意義なのですが・・。)木村伊兵衛では有名な肖像写真集がありますが、あの雰囲気を真似て数点撮ってみました。あの写真集は人を撮るというよりも、人物の生き方、職業、人生を撮影するという感じでしたが、そのコンセプトを真似たものです。クリック拡大いただきますと微妙にソフトになっているのがわかります。下のサムネイルでは表示が小さいので明瞭に見えますが、拡大するとさじ加減としてはこんなものだろうという感じがします。すべてf2.7付近です。尚、写真はひび割れていますが、フィルムにカビが生えていた模様で、現像の際に死滅しております。こうして見ると、アナログの表現力もまだまだ健在という感じがします。

花影S1 モノクロフィルム 箏を演奏する少女
花影S1 モノクロフィルム 二胡を拉く民間芸人
花影S1 モノクロフィルム 箏を練習する女性
 ここまで作例をご覧いただきましたが「タンバールの復刻」としては完全に同じではないのですが、焦点距離の相違を考えるとこんなものだろうと思っています。しかし花影S1はポートレートレンズの中でも類を見ない画が撮れます。ライツのガラス構成を採用したためか上品な描写になっているのも得難い特徴です。タンバールは90mmに戻して、再度挑戦したいと思っています。試作段階で良い感じのボケ玉ができた場合も量産を考えますがその場合も別項で進めてみようと思います。

戻る  作例

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.