無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

過去の名玉の復刻
Japan Made

 「無一居」製作のレンズは、基本的にライカL39スクリューマウントで作ります。すべて手動マニュアル操作です。技術的に可能な場合はニコンF、キャノンEOS、M42マウントに使えるものも提供します。焦点距離が短いもの、だいたい60mm以下は一眼レフにはほとんど提供できません。


天下の宝玉 キノ・プラズマート「院落」P1 50mm f1.9

2021.01.26

 一世紀近く前に作られたレンズですが、これほど品の漂うレンズはなかなかありません。独特の光学設計が特別なものを引き出すのでしょうか。特許に記載されているf2のデータを一切変えずにそのままスケールダウンしてライカ50mm L39マウント 80cm近くまで距離計連動します(光学設計自体がそんなに寄れず70cmぐらいでボケてくる)。それをf1.9に広げます。詳細は「院落」P1を参照して下さい。3つのデータがありますが、その3番目です。

院落P1光学図

院落 P1 50mm f1.9 ¥180,000

 製造しましたのは40です。残りは17です。近日店主が出張でいないので帰ってから発送になります。数個は持っていますのでそれがなくなったら8月10日ぐらいになります。- 2021.07.27
院落P1

院落P1 宝石の広告

院落P1 三芳

院落P1 公園
銀座界隈 f1.9 ライカM9

動画はBellami Beginner様が開設されたvimeo内の
Bellami Beginner」(望遠になります)

作例は当ウェブサイト内別ページでもご覧いただけます。

 ガラスについて: ショットの型番で前からSK15,LLF1,F1、絞りを挟んで対称です。製造商で選択できるのはドイツ、日本、中国です。精度に差があり、メーカーの方が公開しています。軍事、宇宙、医療などでは極めて高性能が要求されますが、コストもかかることですので必ずしも精度の高いものが必要なわけではありません。おそらく作っているのは中国CDGMで、ここが高グレードを他社に納め、自社では少し甘いものを安価に出していると思われます。しかし我々のニーズではむしろ個人の手工生産ガラスでもおもしろいぐらいなので、CDGMでさえも精度が充分過ぎるぐらいです。CDGMでも産業で使えるぐらい極めて精度が高いです。ですからこれで充分です。ですが、今回のP1はSK15,LLF1は日本の小原(OHARA)を使用します。F1は現在全てのメーカーで在庫無しです。しかし日本の光ガラス(ニコン)のストックが見つかりましたのでそれを使います。F1は古典レンズ(おそらく一番最初のフリントガラス)ですし、需要が低いため今後はCDGMの不定期生産です。レンズを追加で作る場合はCDGMの計画に左右されます。ほぼ変わらない筈ですが、光のF1を使うのは今回が最後になりそうです。

院落P1取付

 キノ・プラズマートに関してはおそらく2020年にMS-Opitcal 宮崎光学さんから「VARIOPRASMA 50mm f1.5」が発売されています。以前はあった筈のオフィシャルサイトが見つからないのでリンクは貼っていません(製品自体は検索で出ると思います)。キノ・プラズマート、決して使いやすい類いのレンズではありませんね。だけど名レンズです。ここにギャップがあります。宮崎さんはそこを考えて、欲しい描写と使いやすさを両立したのではないかと思います。プラズマートも本物の光学設計を持ってくると結構キツいので、宮崎さんの方がいいという方も少なくないのかもしれません。



タンバールへのオマージュ「花影」S1 60mm f2.2

2014.07.13完成

 ライカ・タンバールと同じような特性のレンズを60mmに変えて作りたいということで開発しました。タンバールのような幻想的なレンズはなかなかないからです。その経緯と詳細は「花影」S1を参照して下さい。タンバールは軟調とキノ(映画)の混合ということですが、キノ用の収差が強く出て、本物のタンバールのような平面は出ていません。「キノ・タンバール」です。本家タンバールは動画には使えないですが花影S1は使えます。キノの収差は経緯と詳細に詳しいですが、アストロ・ベルリン パン・タッカーの特許データ1つ目を強くしたものに酷似しています。しかしレンズ構成と選定はベレクです。2つ目のデータを強力にしたのがほぼキノ・プラズマートです。それでパン・タッカーは2種ありますがいずれも生産しません。

花影S1 花影S1a
 ライカ L39距離計連動です。ゴールド(Nr.70-99)は真鍮剥出しのもので酸化が進むと色が濃くなってきます(既に濃い黄色になっております)。ブラック焼き付け(Nr.20-69)は弱く、角が剥がれやすい仕様でオーダーしていますので、角を磨いて真鍮地を出すなどして使うこともできます。ブラックのみガラスコーティング無しのモデル(Nr.01-19)もあります(モノクロ撮影はコート無しが良いと思います)売切。製造は100本のみで追加生産はありません。重量は360gです。

花影 S1 60mm f2.2 125,000円

残り個数:黒    金 17
本レンズは評価が賛否大きく別れています。傑作といっていただき複数本在庫する方もおられれば、使えない駄作だと言われる方もいます。作例は多数掲載していますのでしっかり見てからご選択いただきますようお願いします。

花影S1 モノクロフィルム 二胡を拉くShibaten
北京新街口界隈 Shibatenさん f2.5 ライカM3 ネオパン ガラスコーティング無(北京のプロラボでスキャン)
花影S1 花
東京麻布十番界隈 花 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)
花影S1 街灯
東京麻布十番界隈 街灯 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)
花影S1 桜
桜 f5.6 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)

撮影例は、
nicoblue2008様が開設されたFlickr内のグループ
花影 S1 60mm f2.2
hamashun様のブログ
花影 S1 60mm F2.2 + Leica M8 作例記事

動画はBellami Beginner様が開設されたvimeo内の
Bellami Beginner

当ウェブサイト内でもご覧いただけます。

澤村 徹氏による
「少数生産のオリジナルレンズ」という新潮流
metalmickey's montage
でご紹介いただきました。

ライカ タンバールの復刻
2016年、ライカ社がズマロン28mmf5.6を復刻しましたが、2017年はタンバールでした。

富岡光学レンズの復刻
小店が製造をお願いしている東京の木下光学研究所さんも旧・富岡光学時代の古い設計のレンズを復刻しています。大口径で3種の焦点距離から選べます。



Leica M9で撮影したものはFacebookにアップします。


無一居Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.