無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業




花影 S1 60mm f2.2 お寄せ頂いた作例2

仕様  作例   - 2022.05.07

  1. 青柳陽一先生作品
  2. 青柳陽一先生作品2
  3. 青柳陽一先生作品3
  4. 青柳陽一先生作品4
  5. お寄せいただいた作品


「今朝2時、深々たる夜中と言うか、早朝撮った。紅白梅を、SONYα7Ⅱ+Kino Thambar 60mm 開放値。余りに多く撮ったので、RAWからの処理に時間費やしたが、非常に面白いlensの味が表現出来たので送ります。F2.2では被写界深度浅く、フォーカスが難しく、モデリングランプの輝を借りています。※最近送った小さい方のBOX,当然黒幕で覆い、周りに光線干渉しない配慮必要、特に背景色の方角絞ります。

ストロボは、アオヤギboxに1灯(斜めやや上45度から)、背景色に1灯、スヌートで水玉にドンピシャリ当て、絞って1灯、計3灯です。メインに柔らかい輝欲しく、BOX使用。

この柔らかさ、Contaflex Pro Tessar50mm+M1:1とまた違う味わい、macroで無い玉での、渾身の「輝と影」が織り成す作品です。この味がやっと出たが、今後多用するレンズの1本と、なりますね。素晴らしいlensです。」
青柳先生作品33
青柳先生作品34
青柳先生作品35
青柳先生作品36

比較として、Contaflex Pro Tessar 50mm M1:1にて撮影されたものです。これは古いツァイスのアタッチメント式のマクロのシリーズで、これとキルフィット マクロ・キラー 90mm、ライツ エルマー 65mmあたりがマクロでは最高とされています。
青柳先生作品21
青柳先生作品22
青柳先生作品23
青柳先生作品24
青柳先生作品25
青柳先生作品26
青柳先生作品27
青柳先生作品28
青柳先生作品29

青柳先生使用のテッサー

「lens味、ボケ味の作品、送ります」
椎茸ジッチの山から届いた花々、先にPENTAX K-1 Mark IIに、soft85mmで撮り、続いてSONYα7+Kino Thambar 60mで撮った作品添付。フォーカス難しく、拡大モニター用米国製ZACTO装着し撮った。PENTAXなら、ファインダー覗き撮れるのだが、他機は難しい。
※PENTAXから、「K-1からはプリズム等の透過率を上げファインダーの明るさを確保しつつピント合わせが可能なファインダーに仕上がっており、この辺りの取り組みが功を奏しているのだと思います」と。
F2.2開放値,逆光線に映える水滴の妙、これが軟焦点レンズの特技。

熊谷草の左から、アオヤギBOXに入れたストロボ、反射拡散光線を取り入れ、背後上下左右からスヌートで絞った2灯に、反射光線での背景色、言葉では簡単だがまるで、輝スタンドのジャングル。花の大きさ、色合い毎に、光りを動かし、確認しながら撮るヤヤコシさ。

これ等、光線の組み立てが一番胸躍る時、楽しさと相反するのが光りの配置。夫々テストして、ドンピシャリの輝を放つ、頭で設計し描いた光りが、作品を際立たせた。今回、サイド1灯、背後2灯、背景1灯に、前からレフ。貴兄設計softレンズの、柔らかさが醸し出された作品撮れた。(小店注:右下に「二捲き草」とある作品)

「花」とレンズ、余りに近く、三脚に乗せると動き極端に悪くなる。全て、手持ち撮影が一番楽だが、フォーカス合わせのシビアな事。全てがミリ単位、否macro単位と言う言葉が、当て嵌まる精緻さ必須。

Lensもさる事乍ら、フォーカス合わせはPENTAX K-1 Mark II、先の如く一番楽。これ等macro撮影には、LEICA Mは向いて居ないし、超難易度の撮影となる。このLens、恐らくこれ等の接写でこそ、ボケ味の妙が醸し出ると確信した。

世に軟焦点レンズ種々在れど、気に入った花用レンズは、PENTAXsoft85mmF2.2と、Kino Thambar 60mm F2,2、macro撮影でこそ、Lens作品価値が発揮出来た。

日本古来の野生蘭「熊谷草」(2021.5.5)
「花」作品、源平時代から愛された日本野生蘭、大和色唇(しん)弁(べん)の大さ50mm前後。玄関にスタジオ作り、ストロボ光線4灯を反射拡散絞り、背景を着色して、撮影した。この唇弁の中から、Brazil高地で香った、彼の地の野生蘭の薫りに似た、馥郁とした上品な微香芳香漂って来て、まるで薫りのとも火の如し、幻の薫りが漂う感じを味わった。
実に不思議な花で、源氏の武士、熊谷(くまがい)直(なお)実(ざね)公の背負った母衣(ほろ)に似ている様だと、熊谷草と名前が付いたとも言われている、絶滅危惧種日本野生蘭。公園に群生自家栽培されているが、無断で根っ子から採ると法律で罰せられると言う程、保護対象「蘭」。これは椎茸ジッチの山か茎上のみ採取、半田山地底2000mから汲み上げた、「金剛水」で活き返って撮った作品。

※母衣(ほろ)とは、日本の武士の道具の1つ。矢や石などから防御するための甲冑の補助武具で、兜や鎧の背に巾広の絹布をつけて風で膨らませるもので、後には旗指物の一種ともなった。一の谷で、平(たいら)敦(あつ)盛(もり)と戦った事で、勇名を馳せたのが熊谷直実公。数百年と続く、大和色とも言われる、露草色が素朴で、素晴らしいし、源平時代から日本人に愛されて来た、野生蘭を撮れたとは、感激です。
青柳先生作品37
※上はPENTAX K-1 Mark II+soft85mmF2.2、以下3点はS1での作品です。

青柳先生作品38
青柳先生作品39
青柳先生作品40
青柳先生作品41

椎茸ジッチから届いた、「二輪草」と言う、聞いた事も無い雑草の様な小さな「花」。楚々として純白、弱々しくもあるが、その格調高い凛とした花、撮ったので添付。

撮影は、aoyagiBOXに前から1灯、背景色に1灯、後から水滴用にスヌート1灯、計3灯ストロボ使用です。余りに近接撮影故、全て手持ちで上下左右、微動撮影でした。PENTAXのファインダー、見事にfocus合わせられ、感謝です。
青柳先生作品42
青柳先生作品43
青柳先生作品44
青柳先生作品45

コラム


  1. 青柳陽一先生作品
  2. 青柳陽一先生作品2
  3. 青柳陽一先生作品3
  4. 青柳陽一先生作品4
  5. お寄せいただいた作品

Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.