無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業




香箋 G1 50mm f2 小店での作例11

仕様 お寄せ頂いた作品  スピード・パンクロ Spped Panchroの復刻 - 2023.03.01

  1. 宝塚 2023.03.01
  2. マクロで花 2023.03.04
  3. 備前 2023.03.08
  4. 銀座の古いビル 2023.03.13
  5. 南麻布~麻布十番の夜 2023.03.23
  6. 増上寺の春 2023.03.29
  7. 新宿・初台 2023.04.08
  8. 渋谷と吉祥寺 2023.05.26
  9. 四谷 2023.05.31
  10. 虎ノ門 2023.07.19
  11. 百貨店 2023.09.05~07
  12. 白金台 2023.11.03
  13. 紀尾井町 2023.11.13
  14. 解体前のホテル 2023.11.20


 2023.09.05~07 百貨店

香箋 G1 50mm f2 東銀座駅出口1 香箋 G1 50mm f2 東銀座駅出口2  東銀座駅出口です。これも今や歴史的建造物の1つなのでしょう。こういうところに落書き、欧米の大陸系の所業と思われますが、とにかく大陸人というのは物を大事にしませんね。かといってバンクシーも人が集まるから困るし。

香箋 G1 50mm f2 うなぎ店  銀座4丁目交差点付近にありますうなぎ店です。SONYビルの真横にあります。昔からやっていないと、ここでは無理と思います。歴史を感じさせる看板です。

香箋 G1 50mm f2 三越1 香箋 G1 50mm f2 三越2  交差点を北側に渡ると銀座三越です。ここは通過してもう一つ北にあります松屋銀座に行きます。百貨店内部は基本的に撮影禁止なので、カメラ市だけ撮りに行きます。

香箋 G1 50mm f2 世界の中古カメラ市1 香箋 G1 50mm f2 世界の中古カメラ市2 香箋 G1 50mm f2 世界の中古カメラ市3  「世界の中古カメラ市」で本レンズが販売されていたので覗きました。1時間後ぐらいにセールが始まる時間帯だったので少しづつ人が増えていました。普通に生活していたら見かけることのない珍しいものがたくさんあります。

香箋 G1 50mm f2 COACH  帰りは有楽町から乗りますので西に向かいます。思うに、欧州ブランドはオレンジ色を上手く使う傾向があるように思います。暖かい光をイメージさせるからかもしれません。

香箋 G1 50mm f2 東急プラザ  対して、数寄屋橋交差点にあります東急プラザは淡いブルーです。いずれにしても光を感じさせる点では変わりません。

香箋 G1 50mm f2 池袋駅地下  日を改めまして、今問題になっている西武百貨店を見に行きます。買収したのはヨドバシですが、どうなるのでしょうか。池袋駅構内は東に西武、西に東武百貨店があります。駅地下構内に案内が多数あります。「SEIBU」のロゴが昭和を感じさせるのとは対照的に、その下に貼ってある屋上テラスのビアガーデンの広告はやはりオレンジを基調にしています。

香箋 G1 50mm f2 SEIBUのプレート  古いと言っても、これは歓迎したい。高級感を感じさせるプレートです。

香箋 G1 50mm f2 池袋駅の上にある西武  高度経済成長期のデザインという感じがします。この頃ははっきりした青が好まれたようで、当時の高級マンションも青を使っているものがまだ残っています。一回決めたデザインは変えにくいので最初が肝心、ですが当時はこれで成功したのでしょう。

香箋 G1 50mm f2 西武とビックカメラ  ヨドバシが買収したが隣はビックカメラ、まだ他にもヤマダなどがあるようで、そんなに必要ですか。

香箋 G1 50mm f2 垂れ幕  今後の計画が非常にわかりやすい。ですがこれも昭和的、よくあるのが国体やオリンピックに社内や役所内、スポンサードしているなどの関係する選手の快挙を知らしめる垂れ幕です。以前に個人経営の小さなピザ店の外に、某選手が金メダルを取ったと大きな幕が掲げてあって店より目立つから何の店かよく見ないとわからない、しかも垂れ幕は日に焼けてハゲているといった比較的稀と思われるパターンにも遭遇したことがあります。

香箋 G1 50mm f2 西武とヴィトン  ヴィトンは一等地にあります。ヨドバシはこの辺りのブランド店の移転を考えているので抵抗しています。というより電気屋ばかりになりそうなところに出店しますか。雰囲気はかなり変わっていきそうです。

香箋 G1 50mm f2 Maison Kayser1 香箋 G1 50mm f2 Maison Kayser2  空気感と光の状態が理想的だったので撮影してみました。この不思議な感じは色収差の反転がなければ出ない、昔の知恵でしょう。

コラム


  1. 宝塚 2023.03.01
  2. マクロで花 2023.03.04
  3. 備前 2023.03.08
  4. 銀座の古いビル 2023.03.13
  5. 南麻布~麻布十番の夜 2023.03.23
  6. 増上寺の春 2023.03.29
  7. 新宿・初台 2023.04.08
  8. 渋谷と吉祥寺 2023.05.26
  9. 四谷 2023.05.31
  10. 虎ノ門 2023.07.19
  11. 百貨店 2023.09.05~07
  12. 白金台 2023.11.03
  13. 紀尾井町 2023.11.13
  14. 解体前のホテル 2023.11.20

Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.