無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

フランス映画鏡の原典 ステラー
「湖楼」X5 50mm f3.5

2015.11.20

 フランス映画というとカンヌ映画祭もあるし、割とさかんな印象があります。フランスはフランスで独自の個性がありますので、フランス映画を撮るのにドイツや英国のレンズでは彼らの感性に合わないということはあると思います。光学の最初期のフランスは先進国でしたが、やがて英国、次いでドイツの後塵を拝しツァイスのライセンス供与を受けて作ったりと先進性の面では低迷していました。それでもフランス人独自の感性を失うことなく、またベルチオ Berthiotを中心に大小様々なメーカーが命脈を保っていました。そのベルチオですが自前の設計で映画用レンズを出したのは1913年のことだったようです。その2種はどちらも「ステラー」と命名されていました。Goo辞書を参照しますとステラーとは「星のような,星形の.(映画・スポーツなどの)スターの,花形の,一流の;主要な」といった意味があります。まさにシネマ、スターを撮影するためのレンズであることがわかります。フランス映画用レンズというとアンジェニュー Angenieuxとかキノプテック Kinoptikなど有名なものもありますが、ベルチオの名設計師 チャーレ・アンリ・フロリアン Charles Henri Florianによる歴史的な2種はその原典的価値があると思います。見つかってもイメージサークルが小さ過ぎるとか難しい要素があるので復刻を考えるわけですが、そのうち復刻したいと思っているのはスピーディック型 (米特許 US1168873)で、これをまず確認してみたいと思います。

ステラー スピーディックの光学図
ステラー スピーディックの縦収差図
 画角は42度指定なので標準画角に僅かに及びませんが44度であれば50mmに届くしほぼ影響なし、ライカの50mmはというと距離計に合わせますので実際には53.8mmぐらいだったりしますのでなおさら問題ないということでそれで図を出しています。 f3.5と当時としては非常に優秀です。どこで作っても映画用レンズは映画用といって良い収差配置と思います。球面収差を僅かにマイナスに振っています。映像を前に出すよりも品格を重んじるフランスらしい設計だと思います。

 ついでにもう1つ、これは後にオロールと言われた設計ですがこれも見ておこうと思います (米特許 US1122895)。

ステラー オロールの光学図
ステラー オロールの縦収差図
 焦点距離は50mmで、f4.0です。ガラスが小さくなり過ぎて製造できないのでこれは見るだけですが、どうなんでしょうね、すごく奥ゆかしい表現になりそうな感じがします。2種ともそれぞれ筋は通っているが個性が異なるというのはおもしろいと思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.