無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

テッサーの親 ウナー「湖楼」X3

2015.11.18

 ルドルフによるウナーの特許がありますので今から見ていきますが、これは始めから復刻する気はありません。なぜなら19世紀末から20世紀初頭にかけてのレンズは、特にツァイスは味が全くない、優秀なのが凄かったのはわかりますがそれは当時の話、印画紙の薬品も街のおっちゃんが塗っていた時代のレンズですのでまずは性能だったのだろうと思いますが、現代の我々から見るとどうでも良い、もちろんダゴールとかすごく良いものもあるので拾把一絡に否定するものではありませんが、テッサーの、しかもツァイスのテッサーの原形の1つと聞いて、おもしろくなさを感じてしまうのは、これはもうしょうがないです。好きな方もおられると思うので、幾ら自分の場所で発言しているとはいえ勝ってな見解を声高に主張するのは控えたいのですが、そんなことより収差配置を見た方が早い、それで一目瞭然ではないかと思う訳です。

 ウナーの特許 (英特許 GB24089) にはまず設計の説明があり、続いて3つのデータが載っていますのでデータの方だけ順番に見ていきます。アッベ数の記載はないのでクラウンは50、フリントは30、まあこれもあてずっぽうですが、とりあえず代入して進めますので、色収差については気にせずにいきたいと思います。

ウナー1の光学図
ウナー1の縦収差図
 50mm f6.3です。ガラスの口径は1cmもありません。現代のフィルムサイズに合わせているので小さくなっていますが、本来は大判で使うので、全体がそのまま大きくなります。それでもコンパクトなレンズには違いありません。

ウナー2の光学図
ウナー2の縦収差図
 今度もf6.3ですが、焦点距離は35mmでした。次に最後の3つ目です。

ウナー3の光学図
ウナー3の縦収差図
 焦点距離は38mm、f値は4.5でした。いずれにしても単に優秀なだけのレンズであったことが確認されました。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.