無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ドイツ帝国主義の権化 パン・タッカー
「湖楼」X2 50mm f1.8

2015.02.18

アストロ・ベルリンにはゲルマン魂が宿っている

 ドイツのレンズというとまずはツァイスとかライツあたりになるのかもしれませんが、見方によってはシュナイダー、ローデンシュトック、シュタインハイルあたりの方がよりドイツ的であるとか色々な見方があると思います。しかし戦前のゴリゴリのドイツというとゲルツとか、やっぱりベルリンのメーカーになってきます。それはその時代のレンズとしてそれはそれで良いだろうし、時代が変わって失われるものがあってもそういう変化はしょうがないと思うしかありません。しかしそういうものであるからこそ、戦後も"ゲルマン魂"を継承し続けたアストロ・ベルリンのレンズは不滅の価値があるような気がします。

 そもそもゲルマンとはどういうものかというあいまいな部分もあります。これはつまり神聖ローマ帝国です。しかし現代の我々はそんな昔のことはよくわかりません。せいぜい歴史書を読んで知識を得る程度なので"魂"とか精神分野について論じることは困難です。それでも神聖ローマ帝国は後にドイツ帝国、そしてナチスと引き継がれたのでそれぐらいまで来ると少しわかるようになってきます。なぜなら19世紀末ぐらいになってくると芸術関係のものが結構残っていたりするからです。特に重要なのは録音です。その時代の精神性を表すものとして録音程分かりやすいものはありません。特に音楽です。それらのものとドイツで作られたレンズを比較するのですが、ドイツ帝国時代の多くのレンズはまだ技術が成熟していないので十分に個性を反映させるには至っていないように感じられます。この言い方には語弊があるかもしれません。技術は十分に発展していましたが、技術偏重一点張りでそれ以上の魅力は欠けていたと言った方がいいかもしれません。"魂"とかまだまだそこまで行っていないように感じられます。硬過ぎる描写のレンズが評価されていました。

 ドイツで最初に大きな成功を収めたレンズの1つはゲルツによるダゴールですが、これぐらいになってくるとだいぶん良くなってきますが、これはデンマーク人による設計でした。それが後にツァイス・イコンに吸収され、この頃になるとゲルマン的な何たるかがぼちぼち見え始めてきたように思います。しかしツァイスは技術偏重傾向を強め、独自の個性を見いだすのはコーティングに力が入れられるようになるまで待たねばなりませんでした。それでもこの頃に芽生えてきたゲルマン的描写は失われることなく引き継がれ30年代頃のベルリンで成熟しました。アストロ・ベルリンです。そしてそれはシュナイダーが継承し、彼らが現代ライカのレンズを設計しています。そしてこの風格は現代ツァイスにも受け継がれています。

 アストロ・ベルリンというと特徴的なのは「ナチス臭」です。ナチスというと良いイメージで語られることはありませんが、それは歴史とか政治の分野での話です。芸術という分野がそれらと関係ないことはないですが、そこは別問題です。本稿は政治とは関係ありませんがそれでもそこが切り離せない人のために少し加えると、ナチスの幹部はほとんどユダヤ人です。ユダヤがユダヤを迫害していたことになります。そしてナチスの幹部はヒトラーも含めてほとんどがアルゼンチンに移住し生涯を安らかに終えました。役割を十分に果たしたので保護されて静かに生活することができました。ナチスはそういう役回りだったに過ぎないので、それが悪か善かは歴史を真面目に論じるのであれば焦点がずれているということは言えます。ここで重要なのは歴史的真実ではなく、ナチスが芸術を奨励したことです。当時国家予算を投じられたものの中で最も知られているものは音響機器で、ノイマンのマイクやシーメンスの補聴器は今でも世界最高ですが、光学分野ではツァイスもそうです。これらからはナチス臭が抜けて、こういうのを洗練とも言いますが現代の製品からは在りし日の雰囲気はなくなっています。しかしナチスは神聖ローマ帝国の復興、つまりゲルマン魂による再興を目指していたので、ナチス時代の製品に感じられるドイツ臭さは半端ではありません。特にアストロ・ベルリン、がっつりゲルマン臭がします。

 そのアストロ・ベルリンを代表するレンズがパン・タッカーです (独特許 DE440229、米特許 US1540752)。このレンズはシネ用ですのでイメージサークルが小さいという問題があって現物はかなり悩ましい、センサーが少し小さいと良いのですが、やっぱりフルサイズで行きたいというのはあるのでその辺も念頭におきながら特許データを見ていくことにします。

パン・タッカー f2.3の光学図
パン・タッカー f2.3の縦収差図
 特許には2つのデータが載っていますので、まず1つ目を見ていきます。f2.3です。収差が乱れまくって全く使い物になりません。そこで第二曲面をプラスマイナス逆にしたのが上の図です。かなりまともになりましたが、まだ問題があるので画角を40度に制限し、焦点距離は50mmでご覧いただいています。それでもぜんぜん駄目です。しかもこの収差配置はアストロのものではありません。続けて2つ目を見ていきます。

パン・タッカー f2.0の光学図
パン・タッカー f2.0の縦収差図
 f2.0で指定されています。これは特に問題ありません。45度、50mmです。しかし一般に量産されたものはf1.8或いはf1.9です。焦点距離の短いものはf1.8です。そこで踏み込んでf1.8に変えてみます。

パン・タッカー f1.8の光学図
パン・タッカー f1.8の縦収差図
 ガラスの口径がギリギリ過ぎてf1.8は得られていません。しかも球面収差が多過ぎます。プラス2.8以上あります。f1.9に下げても1.7ぐらいあります。そもそもこのデータはf2.0で指定されているわけですから、f2.0に合わせたデータの公開になっている筈です。それを踏まえた上でこうなりました。

パン・タッカー f1.8修正後の光学図
パン・タッカー f1.8修正後の縦収差図
 第一曲面を30から28.5に変更しました。その結果、光線もf1.8でしっかり収まっていますし、球面収差は補正され、二線、グルグルボケも適切に出るシネ用配置となりました。中央の非点収差図の2つの線が潜在的に交差に向っている配置は重要です。球面収差は28であればほぼ0になりますが、映画用でないアストロのレンズではそのようにされることもあるし、映画用でもマイナスに振られているものもあります。パン・タッカーは上図の通りでしょう。しかもオリジナルのf2.0ではなく、というよりf2.0は量産されていないので問題外ですが、特許データが示すf2.0の収差配置ではなく、こちらf1.8修正版の方がより完璧に量産タイプに近いと思います。この設計で口径をギリギリまで高めて完成させておいてそこからf2に下げて球面収差を適切な位置に収めたのが公開データでしょう。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.