無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

峻厳なパステル調で表現する アストラー
「清麗」T2 50mm f2.5

2015.11.20

あらゆるものを絵本のような色彩に変えてしまうアストラー

 アストロ・ベルリンの収差配置はほぼ決まっていましたが、レンズの用途によって若干の調整を加える柔軟性はありました。いや、それぐらいどこのメーカーでもあるんですが、わざわざ言ってみたのはアストロの場合、メインがキノ(映画)と天体用(アストロっていうメーカーですから)の主要な骨子が2つあるからです。それを念頭に置いた上で、今からビーリケによって取得されたテッサー関連の特許データを見ていきたいと思います。普通のテッサーが1つ (米特許 US1558073)ありますので、まずはこれから見ていくことにします。

アストラックスの光学図
アストラックスの縦収差図
 指定がf4.5で、ご覧いただいているのは50mmにしたものです。これではガラスがとても小さくて製造できませんので望遠用であると想定できます。そして収差がかなり少ないです。長玉のボケ玉はないだろうと思うので当然でしょう。そこでテッサー型のf4.5をリストであたりますとアストラックス Astraxと出ました。210mmと500mmがあります。RaxであってLuxではないんですね。だから明るいことを示しているわけではない、ファーンビルトリンゼの方が明るいか同じというぐらいです。ファーンビルトリンゼはおそらくアストロの中では天体専用、例えばネイチャーのような用途であれば不適格という判断があったものと思われるので、そこを埋める何か、なるべく軽量化ということを考えたらこれになったのかもしれません。しかし収差配置はファーンビルトリンゼとほとんど変わらない筈です。レンズ構成が違います。

アストラーの光学図
アストラーの縦収差図
 ビーリケのテッサー系特許はもう1つあります (独特許 DE634843、英特許 GB375723、米特許 US1888156)。テッサーにさらに1枚追加したものです。これはアストラー Astrarとして量産されたものです。50mmでちょうどぴったりです。しかしf2.5と量産のf2.7より明るいです。そこでじっくり比較してみますと、おそらくこれは製造関連の問題だと思えます。このレンズがタッカーのようなプロユースであればf2.5で製造していたのでしょうけれど、安価な製造を考えたらf2.7に絞って作った方が妥当だったのではないかという気がします。これが本当だとしたら、このあたりの律義さは如何にもドイツ人です。普通だったら性能が開放で出なくてもf2.5で作ってしまうと思います。いずれにしてもこの収差配置で全く問題ありません。アストラーは長い玉もあるので、それは球面収差が減らされていたと思います。もう1つの特徴は、色収差が足してあることです。若干足してあります。アストラックスでは奇麗に処理されていましたが、こちらは残留しています。これがパステル調に写る理由だと思います。

 5枚玉のアストラーの方のみ復刻したいと思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.