無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

幻想的な肖像鏡 へクトール
「花影」S2 50mm f1.9

2015.02.01


 ベレクがトリプレットからすべてのガラスを貼り合わせ色消しにした「ヘクトール」は3つほど特許が出願されています。そのうち、1番目のものは50mm f2.5、2番目のものは73mm f1.9(パテントではf1.8)として実際に販売されました。そこで3つ目のものなのですが、少し暗くなって73mm f2です。肖像用のレンズなのでそれほど売れなかったことでこの改良型は生産されることはなかったようです。しかし最も優れているように見えます (独特許 DE585456)。これを50mm f1.9で製造できないかと考えています。

第3ヘクトール 光学図
第3ヘクトール 縦収差図
 この段階では50mm f2.0です。本来は73mmだと思いますが、感光面に5点光線を当てていますが、紺色が半画角17度でこれ以内が73mmです。隅まで充分な品質です。50mmではこれ以上の端の方が追加されます。茶が19度、桃色が22度です。4隅の角の方が良くありませんが、それでも73mmよりは良いのではないでしょうか。昔の写真みたいになってしまいますが。60mmぐらいにすればその中間なので劇的に改善されるのですが、とりあえず案としては50mmで検討するとしておきます。

第3ヘクトール f1.9に変更
 これをf1.9に変更すると球面収差がアンダー、というよりマイナスに突っ込まれています。ほぼ1mmちょうどです。ボケまくるのではないでしょうか。ボヤボヤのソフト・フォーカスです。絞ると改善はされてきますが、オーバーになったりアンダーになったりします。これを求めていたようで、そうでないと前作でもこういう傾向でしたが前作は中途半端だったところを更に万全にしています。ベレクにとっての肖像用の最終回答だったのではないでしょうか。そう考えるとこれが実際に作られなかったのは残念です。

 このレンズはもう一つ重要な特徴があります。その説明のために2番目の設計だった73mm f1.9も確認します (独特許 DE526308)。
ヘクトール 73mm 光学図
ヘクトール 73mm 縦収差図
 73mm f1.8です。ガラスの選定に特徴があり、すべて前クラウン後フリントの順に貼り合わせ、クラウンはいずれも同じSK15 (以下すべてショット社)です。フリントはF2,LF6,LLF2と順に屈折率、分散が低くなっています。それが下図左です。その右に示している3枚のガラスはダゴールです。ダゴールの場合はこれを前に置いて、次に絞り、そしてひっくり返した同じものをもう一つ置いています。このようなガラスの選び方はダゴールを参考にしたものであるのは間違いありません。
ヘクトール 73mm ガラス
 しかし製造されなかったヘクトールでは、これをやめて6枚の内、前と後の2枚にクラウン、中は全部フリントガラスに変えています。こちらの方が明らかに良かった筈です。ダゴールは徐々に下げて徐々に戻しています。ヘクトールはそれはしていません。下げたままです。しかしこのことによって、あの繊細な表現が生み出されたのだろうと言われています。片方だけですがそれでも理想的なガラスの使い方です。優しい表現になります。それに対して中をフリントで固めるとまず逆光性能は高まった筈です。73mmはフレアが出ると言われていたのでこの対策だったのでしょう。コーティングをせずに対策できます。ダゴールはクラウンにガラスの薄いフリントにクラウンです。逆光は弱いです。傾向の話なので大雑把に言っているだけですが、事実そうです。フリントは昔は(今でもありますが)主に鉛を混入して不純物を含めています。重くなります。ダゴールは6枚なのですっきりと光を通したかったのだと思います。それでフリントのプレゼンスを下げ、大判レンズですから重くならないようにも配慮しています。ヘクトールも6枚でさらに空気とガラスの境界も増えています。それなのにフリントで中身を固めています。重厚感のある繊細な表現になりそうです。ですから改良はだいぶん印象が違う筈です。

 吉田正太郎著「カメラマンのための写真レンズの科学」3章を見ますと、このヘクトール 73mmの歪曲についての説明を加えています。焦点距離73mmは半画角は16.8度です。おもに人像写真に使われたヘクトールF1.9では、半画角17° あたりで糸巻型歪曲がピークに達しますが、画面周辺ではまた歪曲が少なくなるように設計してあります。17度は画面の端になりますが、イメージサークルがもっと大きいということで、さらに追跡したようです。そこでこれも確認しましたが、17度以上では潰れてしまいます。もはやこれで限界で、ここからさらに広げていくと計測不能になっていきます。しかしそこを強引にギリギリを攻めていくと確かに歪曲の曲線はゼロに戻る傾向があります。こういう設計は名レンズが多いので、それで指摘したものと思います。そのままどんどん離れていくのは魅力がないレンズが多いです。カーブしているのが良いものが多いです。それでずっと先まで辿って見ていくのだと思います。

 新しい設計の方が優秀だと思いますが、しかしこれを完成させる前にすでに73mm f1.9の製造に着手してしまっていたのかもしれません。特許を取ったということは改良版として販売する意図があった可能性もあります。非点収差と色収差を改善しており、考えようによっては改悪ですが、かなりまともな方向であるのは確かです。球面収差のこの独特のカーブは修正していませんのでこれには拘っていた可能性が高いです。それでも販売本数を見ると、ヘクトール73mmは市場から評価されなかったようですので、改良版は製造中止になったと考えることもできます。現代でもヘクトール73mmを貴重なものと見なす人は少数なので、取り巻く状況は今も昔も同じなのかもしれません。新しい方が出ていたら状況は違ったものだったでしょう。

 一応、50mm f2.5も確認します (独特許 DE526307)。

ヘクトール 50mm f2.5 光学図
ヘクトール 50mm f2.5 縦収差図
 これはより不完全です。それほど評価が得られていないのも納得です。

 光学機器は高価なので、汎用のレンズを選んでそれだけで何でも撮影するというのがどうしても一般的になりますから、肖像用の用途に限定されたレンズはとても贅沢です。ライカでもへクトール73mmやタンバール90mmはあまり売れなかったので、これ以降、肖像用に特化したようなレンズは作られなくなっていったように思います。癖玉は使い手を選ぶし、使えないレンズと思ったら有名な写真家がどんどん傑作を撮るということもありますけれど、そういうことが特殊なレンズという評価になってしまい、ネガティブな印象を持たれがちです。特殊というとマウントエルマー105mmもそうかもしれません。癖玉ではないですが用途は限定されていますし、これだったら90mmで問題ないと大概の人が考えますのでなかなか受け入れられません。そういう経緯があったからなのか、次に設計された中望遠はズマレックス85mmになりエルマーとの比較で口径を二段編成にして汎用だけのラインナップにする、その上で大口径は肖像用も兼ねるという方向になってしまったのかもしれません。そこで幻の第三のへクトールですが、これを販売することが市場から許されていたら、それでも二段編成の流れにはなっていたと思いますが、過渡期の作品として意義深いものがあったように思います。大口径という程ではないので取り回しも良いし大口径で得られるボケ味もありますから、この方が受け入れられやすかったような気がしないでもありません。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.