無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

シュナイダーによる幻の クルタゴン
「古柳」R7 25mm f2.8

2014.10.10

設計は完成されたが製造されなかった幻の25mm

 ライツはベレクの時代から広角と大口径の設計に苦しんでいて、初期には大口径、後に広角レンズの設計でシュナイダー社の援助を受けていました。それらのレンズは、ライツ社の設計によるレンズに採用されていた名称ではなく、シュナイダー社の銘が使われていました。実際に販売に至ったものとして、クセノン Xenonとスーパー・アンギュロン Super Angulonがありました。戦後の初期にはスーパー・アンギュロン Super Angulon 21mm f4、後にf3.4を供給していました。f4の方はワルター・ウォルチェ Walter Woeltcheによる2つの設計が独特許 DE1497596に記載され、その一方が使われました。この特許にはもう一つ、25mm f2.8も載せられていました。66年に申請されたデータでした。



 これがスーパー・アンギュロン2つと併記されているということは、この25mmに関してもライツに提案されていた可能性は高いと思います。しかしスチールの場合、28mmの次は21mmで、その中間はあまり求められないかもしれません。映画の場合は、50mm以下は40mm,35mm,28mm,24mm,20mmぐらいなのでしょうか、こういう並びになって長い焦点距離のものも含めてセット販売されます。スチールは50mm,35mm,28mmとあったら、どれか1つ選べば良い感覚ですが、映画はカットを繋いでいく時に同じ焦点距離だけでは作品が作れませんからレンズの販売段階でセットになっています。そう考えると標準の50mmは必要として最低限35mm,24mmがあればカバーできるという考え方もできます。荷物を軽量化させたい時などにあり得ることです。シュナイダーでは25mm,21mmですが、25mmで明るくなるのであれば、その方がいいかもしれないという提案だった可能性があります。それに対してライカではより広角の方がインパクトがあるという判断だったものと思われます。28mmもあるところに25mmでは如何なものかという感じにもなりますので却下されたのではないかと推測されます。しかし現代ではどうでしょう。あまりに広角寄りというのはデジタルは弱いので少しは長い方が良いです。明る方が良いです。28mmとの比較というのも必要ありません。21mm f4が傑作とされていて同じ設計思想で計算された25mmは、もし出ていたらこれも広角を代表する名レンズだった可能性はあります。ただ21mm f4が当時あまりにも売れなかったので、そのままお蔵入りになったのでしょう。シュナイダーで25mmはキノぐらいしか出ていません。ですから、この25mmが世に出ていたらスーパー・アンギュロンだったのか、アンギュロンなのか、クルタゴンだったのかわかりません。逆望遠は伝統的にクルタゴンなので「幻のクルタゴン」と致しました。

 レトロフォーカス型の場合は、前群の大きな傘から後群の間に距離があります。その間は大きな空気間隔でした。薄い儚い写りでこれも良かったのですが、現代ではここをガラスで埋めるようになっています。その先駈けがこの設計だったものと思われます。分厚いガラスで空間を埋めています。もっちりとした描写になります。デジタルになってこの傾向が加速しているのか、ほとんどの設計でこうなってきています。かといって繊細さも失わない、その概念の最初期のものだと思います。


 スーパー・アンギュロン 21mm f4の方も確認します(独特許 DE1497596)。



 ライカフレックスSLに採用されていたのはこれのようです。次は採用されなかった方です。



 結局販売されたものは貼り合わせを増やしたということですが、これはどういうことなのでしょうか。収差配置はほとんど変わりありません。新種ガラスを使うより貼り合わせた方が良かったのでしょう。


 設計者のワルター・ウォルチェ Walter Woltcheは、過去にも同様の設計で特許を取っています。独特許 DE1447270は3つ所収されています。1つ目は35mm f2.8、2つ目は28mm f4、25mm f2.8です。










 64年のデータですが、ここに既に25mm f2.8が出ています。しかし66年の独特許 DE1497588では、同じ25mmでf4と暗くなっています。厳密には26mmぐらいなのですが25mmでもいけそうなので25mmで出してみました。28mmだと若干の余裕がありますので、実際にはその方が良いかもしれません。そうしますと28mm f4なので先のデータとスペックは変わりません。




 暗くなってはいますが非常にコンパクトになっています。しかも高屈折率のガラスを極力使わずに組んでいます。こちらの方が描写は美しいのでしょう。それと同じことはライカに提案された25mmについても言えます。収差配置は変わっていないので、違うのはガラスの選択なのでしょう。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.