無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ライツによる幻の スーパー・アンギュロン
「古柳」R5 25mm f2.8

2014.10.10

設計は完成されたが製造されなかった幻の25mm

 ライツはベレクの時代から広角と大口径の設計に苦しんでいて、初期には大口径、後に広角レンズの設計でシュナイダー社の援助を受けていました。それらのレンズは、ライツ社の設計によるレンズに採用されていた名称ではなく、シュナイダー社の銘が使われていました。実際に販売に至ったものとして、クセノン Xenonとスーパー・アンギュロン Super Angulonがありました。スーパー・アンギュロンは21mm f4、後にf3.4が販売されました。その後、ライカフレックスSLに対して広角を供給するという難問にもシュナイダー社が協力することになり、シュナイダーのワルター・ウォルチェ Walter Woeltcheによって設計されたおそらく2つのプロトタイプが確認されました。1966年も秋が深まった頃でした。

 この時に提案された2種は、25mm f2.8、21mm f4でいすれもプロトの設計データが残っていますので確認したいと思います。その前にこの21mm f4を改良したと思われるプロダクト版の21mm f4を見てみましょう。



 これが最終決定稿です。実際に販売されていたのはこれです。次にそのプロトタイプで採用されなかったものを見ます。



 結局販売されたものは貼り合わせを増やしたということですが、これはどういうことなのでしょうか。収差配置はほとんど変わりありません。ガラスを1枚増やして味を変えたのかもしれません。次に採用されなかったプロトタイプで25mm f2.8を確認します。



 左から右に巻く、このパターン3連発はいかにもシュナイダー、名玉の匂いがします。こちらの方がゴテゴテと貼り合わせで小細工していない分、焦点距離にも余裕があるし、率直で良いのではないかと思います。しかも8枚玉、当時の同じ8枚で35mmは今でも傑作と言われています(もっとも35mmの方はガウスですが)。割とシンメトリックな8枚というのはなかなか良いようです。それとこの当時は広角に関してはMよりもRの方が評判が高く、現代のデジタルではライカでも広角に関してはバックフォーカスが長い方が問題が発生しにくいので、こういういろんな状況を考えてこれは結構ベストなのではないかと思っています。当時のカタログ的には21mmの方が良かったのでしょうし、他には広角は35mmだけでしたから、これがもし28mmぐらいであれば採用されていたかもしれません。おそらく経済面の理由でシュナイダーからは1種のみ採用と決めていたのだろうと思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.