無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

広角マクロの歴史的傑作
マクロ・プラズマット「院落」P5

2015.11.20

より広く、より近く撮影するマクロ・プラズマット

 マクロ・プラズマットはドイツと英国の特許が見つかっており先に申請されている英国の方に2つのデータが、ドイツの特許にはその2つにさらに2つ追加して4つのデータが載っています (独特許 DE456912、英特許 GB261326)。どちらの特許にも所収されている2つのデータをまず確認してみます。

マクロ・プラズマット1の光学図
マクロ・プラズマット1の縦収差図
マクロ・プラズマット2の光学図
マクロ・プラズマット2の縦収差図
 いずれもf3.2と指定がありますのでそれで出していますが、どちらも明らかに口径はそんなに大きくはありません。せいぜいf3.5ぐらいです。画角は書いてありませんので調べた結果、どちらも30度(85mm)となりました。あまり厳しいことを言わなければ45度(50mm)でも大丈夫、f3.5であればそれでもぜんぜん問題は出ないと思います。

 次にドイツの特許にしか載っていない2つを順番に見ていきます。

マクロ・プラズマット3の光学図
マクロ・プラズマット3の縦収差図
 小型のマクロ・プラズマットです。f6で画角は60度(38mm)でも問題なさそうでしたのでそれで出してみました。

 最後の4番目の設計を見ていきます。

マクロ・プラズマット4の光学図
マクロ・プラズマット4の縦収差図
 画角は64度(35mm)に広げることができ、口径もf2.9まで上がりました。製品化されたのはこれだったようです。しかし大判の時代であれば製造できたこの設計も現代のフィルムサイズでは困難です。スケールダウンでガラスの口径が12mm程と非常に小さくなり、一番薄いところで(第3ガラス)0.3mm以下という製造不可能な薄さです (製造不可能というより温度などの変動で歪みが出たりする問題を避けられないので製造不適当といった方が正しいですが)。この設計を後代にさらに洗練した素晴らしいものがありますので、復刻の必要もなしということで良いと思います。結果的に後代の設計を見るとルドルフがマクロ広角にビオメター型を採用したのは筋が良かったことが証明されたことになりますので、歴史的影響の点でこのマクロ・プラズマットの発明は価値があるものだったということになると思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.