無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

キノ・プラズマット Nr.2
「院落」P2 50mm f1.7

2015.11.18

 キノ・プラズマットの3種のデータ (独特許 DE401630)の内、量産化された3番目、4枚のシンプルな1番目は別項で見ましたので、ここでは第2番を確認することにします。

キノ・プラズマット Nr.2の光学図
キノ・プラズマット Nr.2の縦収差図
 f1.7と3種の中で一番明るいレンズです。貼り合わせは中央です。このレンズの特徴は盛大な球面収差にあります。タンバールでもプラス3のところをこれは50mmで4あります。ほぼちょうど4なので狙い打ちしたものと思われます。これは明らかにソフトフォーカスレンズです。技術的に困難だったので収差が消せなかったのでしょうか。それは絶対ないです。子供でも消せるからです。このレンズは前後対称で同じなので、最前面と最後面の曲率を同率で減らすだけで簡単に収差が消えていきます。データの隠ぺいでしょうか。それだったら他の2つもやっている筈です。そもそも大陸人は隠ぺいしませんしね(隠ぺい体質は日英)。キノ・プラズマットの特許に示された3例が主要な映画用レンズの収差配置を示すものであれば、このNr.2も有りです。というより、当時のバリエーションを考えたら無い方がおかしいかもしれません。従ってこれは当時の世間の映画用ソフトフォーカスの結論的、最先端のものであったと考えられます。これもまた他の2種に劣らず美しいのでしょうね。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.