無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

彫刻のような造形を優しげな滲みで覆う
デルフト・ガウス「香箋」G6 50mm f1.3

2015.11.18

バロック風の描写が得られるデルフト

 市場ですごく見つかりにくいデルフトのレンズですが、標準画角帯で見つかるといずれもテッサーなのでどうしてもデルフトというとテッサーという感じがします。ガウスもありますが、これはすべてレントゲン用でバックフォーカスが1mm以下であったりします。ところがデルフトの設計師 ヨハネス・ベッカー Johannes Beckerが公開している特許はいずれもガウスに限られ、それにはもちろんレントゲン用のものもありますが、明らかに一般のものも含まれています。標準と広角があります。これらが量産されなかったのは残念ですが、デルフトの考えではガウスは大口径であるべき、そうでなければテッサーで良しという規準があったように思えます。そうすると大口径ガウスは高価になりますから、供給するチャンスを得られなかったのかもしれません。デルフトの驚異的な技術力を以てすればテッサーなど楽勝で、これだと気安くあちこちに提供できたと考えれば、市場にあるデルフトがテッサーに限られている事実は理解できます。とりあえずまずは標準レンズのデータを確認することに致しましょう (米特許 US2985071)。

デルフト・ガウスの光学図
デルフト・ガウスの縦収差図
 デルフトの収差配置は左巻き、左巻き、右巻きというもので、医療用を作らせてもここは長らく変えませんでした(収差が少ないのでわかりにくいですが)。だからレントゲン用レンズでもデルフトの個性は感じられる程です。球面収差を多めに、といってもズマリットの半分ぐらいですが、これは開放での撮影に配慮したものと思います。明るさも申し分ないし、これだけのレンズが製造されなかったのは残念です。これは現代でも問題なく作れると思います。かなりの傑作だと思います。

 本題はここまでなのですが、参考にデルフト後代の大口径も見てみたいと思います。1974年に特許申請(米特許 US3802765)されたもので何に使うものなのかわからないので、この設計の参考にされた特許のリストを見てみます。3種掲載されていて、1つ目はニューヨークで設計された微生物用らしいレンズ、2つ目はこの設計を担当したプロター・ビエユクPirter Vuijkの前任者ヨハネス・ベッカー Johannes Beckerによる先ほどの医療用、3つ目はシュナイダーの映画用です。74年の設計ということで割と汎用性を考えて設計してあれば何に使っても大丈夫なように作ってはあると思います。

ビエユク・ガウスの光学図
ビエユク・ガウスの縦収差図
 設計は全部で3種載せられていてご覧いただいているのは1つ目のものでf1.0(54度)、焦点距離は45mmです。他にはf0.87(45度)、f0.75(40度)があって収差配置まで図解してあります。しかし実際にグラフを出してみますと少し違います。そこで画角を60度に拡大してみます。

ビエユク・ガウスの縦収差図を60度に拡大
 つまりカーブがすべて右巻きということなのですが、単に大口径ということではなく、この収差配置を強調したかったようです。新しい感覚で設計されているということなのだと思います。アルバート・ブバース Albert Bouwersからベッカーと引き継がれてきたデルフトの伝統ですが、彼らがアストロ・ベルリンの収差配置を見直したのと同様、彼らの後継者もまた新しい領域に分け入ったということなのだと思います。特許に収差図が載っているので残りの2つは確認しませんが、球面収差がマイナス方向であることは変わらず、非点収差は伝統的な映画用配置になっています。しかしその量は微小に留まっています。これが近代の高性能レンズの結論の一つだったのだろうと思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.