無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

英国調の滲みが美しい スーパー・シックス
「香箋」G3 50mm f1.9

2013.10.20

ガウス型をより洗練して行き着いたスーパー・シックス

 レンズの設計というのは、天才の出現によるところが大きく、19世紀中葉、ほとんど光学技術が進歩しなかったのは人材の輩出がなかったためだろうと思います。歴史上の偉大な前進はすべて天才の出現と関係があり、ごく少数の人々によって新境地が開拓されてきました。計算方法など誰でも学べるし、紙に書いて計算すれば誰でも手がけられるので、もっと裾野が広くても不思議はないのですが、製造するとなるとたいへんなコストがかかりますので誰でもやるわけにはいきません。天才の出現は伝説に彩られていますが、ある会社は創業者が設計師でそのまま大きくなって個性を確立したという単純な例も多数あります。

 英国の場合は、19世紀よりロス Rossという長老格の会社があり、そこで学んだ設計師が独立して別の光学会社が設立されるという流れが一般的でした。英国の光学会社はチャンス社のガラスを使うなど共通点があり、個性の点を注視すると、それほどバリエーション豊かということはありません。全盛期が19世紀末でまだ光学黎明期だったということも関係があるかもしれません (チャンスのガラスを使った飲み物用のグラスは人気があるとNHKの「美の壺」でやっていました)。ロスの社員だったジョン・ヘンリー・ダルメイヤー John Henry Dallmeyerはロス一族と婚姻によって親戚関係にあったので、ロス死去後、その息子と会社の経営を引き継ぎましたが、まもなく関係が悪化し袂を分かちました。これがダルメイヤー社の設立の経緯で、その後、英国の光学界が衰退するまで新設計を発表するなど中心的な役割を果たしていました。

 その中でダルメイヤーのバートラム・ラントン Bertram Langtonが発表した普通のガウス型レンズで比較的明るいスーパー・シックス Super-Six (英特許 GB746201) は特に際立った特徴を備えているわけではないのですが、独特の品格を漂わせることで人気があります。一歩引いた落ち着きのある上品な作画を出してきます。ダルメイヤー社はこのレンズに自信があったようで、それはこのレンズの命名からもわかります。Super-Six、即ち「究極の六枚」。このレンズを以てガウス型の究極の姿を明らかにしようという意図が看て取れます。ガウス型のレンズは傑作の宝庫なので、これのみを究極とするのには抵抗がありますが、英国鏡の1つの究極の形とするならば、確かにその通りだろうと思います。しかし製造個数も究極に少ないことについては極めて遺憾と言わざるを得ません。当初はウィットネス Witness (「証人」「目撃者」という意味ですからジャーナリスト用?) のカメラへハイグレードのレンズとして供給されましたが、真実を写し取る証言者たらんとする写真家から評価されないという悲しい運命を辿り、カメラ自体の製造数が低迷して、理想のみで不発となりました。そこでスーパー・シックスはライカマウントへも供給されて活路を求めましたが、こちらは製造がもっと少ないという惨状で、何が究極かよくわからない大衆によって葬られました。静かに見守っておればよいでしょうか。静かに復活させることにしようと思います。その静けさの漂う描写と共に・・。

 スーパー・シックスによって提示されたこのような描写が得られる理由は細かくは幾つかありますが、際立っているのは球面収差がマイナスになっていることだと思います。島国ではマイナスの方が好まれるようです。大陸であればほとんどの場合、プラスにするところだろうと思うので、この相違は興味深い点です。もちろん傾向の問題なのでいろいろありますが。プラスであれば主題が明確に表出されますが、マイナスなので落ち着きが感じられる画になります。

スーパー・シックス35mmの光学図
スーパー・シックス35mmの縦収差図
  画角は63°ですからスケールダウンで焦点距離は35mmとなりました。見た感じ周辺光量が少な過ぎる気がしますし歪曲がこんなに多くて本当に良いのかと心配になります。ネット上の作例を見てみますと確かにそういう感じでしたので、特許のデータはこれで正しいようです。まともなレンズとは言い難いものがあります。そこで焦点距離を50mmに変更してみます。明るさはf1.9のままです。

スーパー・シックス50mmの光学図
スーパー・シックス50mmの縦収差図
 これだったら問題ないと思います。しかし球面収差が余りに多過ぎます。ネット上の作例を見ますとやはりこれも正しいようです。こういう収差配置のレンズは少ないと思うのでマニアがこれを探すのはわかるような気がします。また過去の人々が良識ある判断でこのレンズを却下した理由もよくわかりました。英国玉は基本、収差はかなり少ないのでこういう慣れないことをやると弾け過ぎるのかもしれません。具体的には球面収差は-0.3ぐらいが良かったのではないかと思うわけです。普通、究極と言ったら収差無しとか、そういうものになりそうですが、無収差が普通過ぎる英国ではそうではない、コテコテのボケ玉がスーパーなシックスというのも如何にもという感じがします。球面収差? もちろん放置したままで復刻しなければなりません。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.