無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ドイツ光学の指標
プリモプラン「醉墨」E4 50mm f1.9

2015.11.22

 ゲルツ Goerzの名設計師 ルバート・リヒター Robert Richter(トポゴンの設計で有名)は、エミール・フォン・フーフ Emil von Hörgh、フランツ・アーバン Franz Urbanと引き継がれてきた伝統に一定の結論を出すべく吟味を重ね、その結論をおそらく1925年2月13日に2つの特許として出願しました。

 フーフはダゴール、それをアーバンはドグマーという形で昇華させ、一般撮影用f4.5だけでなく映画用f2も用意しました。そして新時代の設計はエルノスターにあると見たリヒターはそれに2つの結論を用意しました。1つは新型ハイパー、もう1つは後にプリモプラン Primoplanとして知られる設計でした。翌1926年にゲルツは改組され、ツァイス・イコンとなりますが、リヒターはツァイスにそのまま在職したので特許は事実上ツァイスの所有になっていた筈です。しかしツァイスはおそらくこの2種どちらも製造せず、その片方を何らかの形でドイツの別の光学会社 フーゴ・メイヤー Hugo Meyerに譲りました。そしてメイヤーはそれにプリモプランと名付けました。50mm f1.9でした。

 プリモプランはやがて58mmに変更されるなど変遷がありましたが、原点とも言えるデータが残っていますのでこれで製造したいと思っています (独特許 DE428825)。アーバンはドグマー以外にもダゴール (米特許 US1641402)、おそらくリンカイオスコープ (仏特許 FR597670)も改良するなど主に旧来の設計を維持する作業を続けていましたが、1923年にフォクトレンダー Foigtlanderより移籍加入した新参でベルリン人のリヒターには新しいものを取り入れることが求められていたように思います。1926年のツァイス・イコンへの合併、リストラの3年前ですがリヒターはリストラを回避しようとするゲルツの期待を背負っての獲得であった筈で、それはこのプリモプランやハイパーゴンなどの高度な設計を見るとリヒターの獲得が正しかったことがわかるように思います。同じくツァイス・イコンに合併するエルネマン Ernemannは1920年にほとんど教育を受けていない20歳のベルテレ Ludwig Jakob Berteleを雇用抜擢し1922年エルノスターの完成に至りますが、それでもリストラに遭っています。そのまま1929年の世界大恐慌に至りますが、光学資産の発展という意味では実り多い時期だったように思います。フーフ亡き後のベルリン派の最終結論として、ドグマーf2、新型ハイパー、プリモプランの3本柱は光学の歴史上、極めて重要なものだと思います。

プリモプランの光学図
プリモプランの縦収差図
 収差配置は新参のリヒターの手にかかってもゲルツ伝統を踏襲し、ただ球面収差の処理に関しては新しい概念を取り入れているに過ぎません。それで新型ハイパーと似たような収差配置になっています。我々はこうして光学図を見たり収差配置を見て好き放題言いますが、オリジナル・プリモプランと新型ハイパーは同じようなものですから、それだったら何で2種類も作るのかということの疑問にはこれらだけでは回答できません。それで重要な点について指摘しておかなければなりませんが、それはガラスの組み合わせが重要ということです。どのガラスを連結しているのかがすごく重要ということです。レンズの特徴を決定づけるものは、レンズ構成、収差配置、ガラスの選定の3点だと思います。焦点距離を変えた時にその画角に合うような収差配置にするために曲率は若干適宜変更してもたいして問題なかったりします。ガラスの選定は職人技的な部分がありますが、このあたりを追求してマニュアル的に確定させたのがフーゴ・メイヤーだと思います。なぜなら戦後メイヤーのレンズはどの構成でも描写が変わらないからです。ある意味、面白くないし自由も失いますが、安定した製品を安く供給するためには必要なことだったのだと思います。よく言われるのはメイヤーの場合、戦前と戦後で違うのはガラスの質であるというものですが、それはある程度はあると思いますが決定的な要素ではないように思います。メイヤーの規定するガラス配置に替えたのが大きな理由だと思います。現代のガラスは鉛を使っていないので質が落ちているという論調もあります。それだったら今でも作っている仏キノプテック Kinoptikは質が落ちているのでしょうか。英クック Cookeは今でもスピードパンクロ Speed Panchroを作っていますが、何で評価が高いのでしょうか。現代のガラスを見て、鉛が入ってないから質が悪いは言い訳のような気がするのです。こういうことを言うと無一居のように製品化しているところの首を締めることになりますので、自分で自分の首を締めているわけですが、そういうことだから誰も言わないのではないかと思っていました。戦後メイヤーは戦前より冴えないが鉛は使っていますからね。それだけでなく全部一様な描写になっている、ということは同じガラスを使い回す高度な対応で安定化とコストダウンの一石二鳥を実現したのではないかと思います。今どきは普通のパソコンで十分ですが、当時はスパコンを導入してやっていたとすれば、こういうことも可能だったのだろうと思います。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.