無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ゲルマンの巨砲 タホン
「醉墨」E2 50mm f1.25

2015.11.20

未知のタホンはベルリン的肖像玉か

 アストロ・ベルリンのタホン Tachonという玉は、量産されたものはバックフォーカスがせいぜい数mmしかないレントゲン用で、それ以外のものは出回っていない筈です。そういったものを「タホン」と呼ぶのであれば、4カ国で出願されたこの特許 (独特許 DE538872、仏特許 FR716168、英特許 GB367237、米特許 US1839011)はタホンとは呼べません。量産のタホンのレンズ構成として知られているものは4枚貼り合わせを伴うゾナーで、特許のものはそこが2枚分割になっているからです。そして特許のものは十分なバックフォーカスがあります。


 そこでリストを眺めていきますと、レンズ名が書かれていない戦中の謎の大口径に行き当たりました。これはeBayで実際に出品されているのを見たものですが、85mm f1.25というスペックでした。現物を見たことがないので何とも言えませんが、可能性としては同じものであることは考えられます。


 アストロ・ベルリンがタホン系の設計を完了したのは1930年頃です。後にナチス・ドイツがオランダを併合した後、この種のレンズはデルフトが引き継いだようで、しばらくはアストロの設計で製造していたのかもしれませんが、戦後デルフトは独自に改良を進め、そのバックフォーカスの極端に短いレンズが中古市場に時々出ることがあります。そしてやはりデルフトもバックフォーカスが長いこの種のレンズで特許を取っています (米特許 US3357776)。これは65mmにすることができ、f0.95とf1.1の2種がありました。デルフトはガウスでした。医療用の方はデータを公開したくなかったのかもしれませんが(デルフトは公開している)、一方で謎の大口径のデータは明らかに医療用という感じではなく、要するに特許を取っておけば良いだけのものに過ぎないのに手抜きがない、そういう仕事でもガチで取り組むところがアストロ(しかし手を組んでいるインド人は正反対)、そしてそれを引き継いだデルフトの社風を反映していると思います。

タホンの光学図
タホンの縦収差図
 謎の無印レンズは85mm f1.25でしたので、口径だけf1.25に変えてみます。その他は何も変更していません。特許の指定ではf3.0でしたので比較しましたがあまり変わらないのでいけそうです。焦点距離は50mmでした。球面収差はマイナスに振ってあります。決して少なくもない量、そして色収差も残留させてあります。医療用とは違う配置だろうということは容易に想像がつきます。ゾフト・フォーカス Soft Focusポートレィ Portraitもこれと同様です。ということはアストロ・ベルリンの考える肖像用はマイナス収差であるべき、キノはプラスとはっきり決まっていたと考えられます。そして、アストロ最強の肖像用はこれだったのではないかという感じがします。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.