無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

驚異的な明るさだった戦前のエルノスター
「醉墨」E1 100mm f2

2015.11.18

 エルノスターの発明はルートヴィッヒ・ヤコブ・ベルテレ Ludwig Jakob Berteleというユダヤ人によってもたらされましたが、戦前にf2を切ってスナップ撮影を可能にしたのは革命的でした。ベルテレは単に一定の成果を収めるだけでは満足せず、このタイプを深めるために試行錯誤を続けたことは申請された特許の数が示しています。それをここで一通り見ていきたいと思います。

 まず、続けて2つ見ていきますが (独特許 DE401274DE401275) 番号が連番なので同時に取得されたものであることがわかります。どちらもガラスの指定はされていますがアッベ数は記載されていません。もっとも屈折率さえわかれば特定は可能なのでリストから代入する方法で見ていきます。特許なのですべて100mm、イメージサークルが狭く24度です。f値は2.0で、特に断りがない限りすべてこの値で見ていきます。

エルノスター1の光学図
エルノスター1の縦収差図
  色収差に関しては全く考慮されていないようです。単にアッベ数を書いていないだけでなく、問題にもしていなかったようです。それにしても面白みのないレンズです。現代の防犯カメラのレンズのようです。古過ぎるものは結構こういうものがあるように思います。

エルノスター2の光学図
エルノスター2の縦収差図
  次は1つの特許シートに2つの設計が載せられたものです (独特許 DE428657)。

エルノスター3の光学図
エルノスター3の縦収差図
エルノスター4の光学図
エルノスター4の縦収差図
 これぐらいになってくると写真レンズとして使っていけると思います。続けて次のデータを見てみます (独特許 DE435762)。

エルノスター5の光学図
エルノスター5の縦収差図
 おそらく産業用です。これもアッベ数の記載がなかったのでそういうものは我々の撮影には使っていけないと思います。次にいきます (独特許 DE441594)。

エルノスター6の光学図
エルノスター6の縦収差図
 これもアッベ数の記載がなかったので駄目だと思いましたが一応確認しておきます。次にいきます (独特許 DE458499)。

エルノスター7の光学図
エルノスター7の縦収差図
 やはりこれもアッベ数がなかったので駄目だと思いましたが、これはいけそうです。ガラスもぴったりなものが現代でも入手できます。軽量化を図ってスナップ用に供給したのはこれだったのかもしれませんが、やはりイメージサークルは狭過ぎます。続けて見ていきます。次は2種記載があります (独特許 DE530843)。

エルノスター8の光学図
エルノスター8の縦収差図
エルノスター9の光学図
エルノスター9の縦収差図
 これまで共通条件で見てきましたが、この1つ目はf1.6と指定されているので変えています。2つ目は指定通りのf2に戻しています。やはりイメージサークルは狭いままです。最後も2種の記載があります (独特許 DE570983)。

エルノスター10の光学図