無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ゴージャスなパノラマの世界 グランダゴン「朦月」D7 28mm f5.6

2014.10.10

艶やかでメルヘン調のグランダゴン

 ローデンシュトックというメーカーは主に大判用のレンズを作っていたメーカーで、イマゴンというレンコン型フィルター搭載のソフトフォーカスレンズで有名でした。写真用のレンズよりも眼鏡の方が有名ですし、レンズも大判用、主にこれは建築などの商業用ですから、撮影レンズのメーカーとしては一般的には幾分マイナーな印象はあります。現代の撮影家の大多数にとってあまり馴染みのないメーカーです。しかしかつてライカ判で幾らかレンズを出していたこともありますし、それは素晴らしいものだったので、注視しないのは本当にもったいないと思わせるメーカーの1つです。ローデンシュトックがより力を得ることができなかったのは、安価な日本製が出てきたからだろうと思います。そういうこともあって、画質への拘りが強い大判の方へ向かったのかもしれません。

 ローデンシュトックの個性は大判でもライカ判でも変わらない共通したものがありました。さらに重要な点は難しい広角レンズの設計でもその個性を失わないことでした。広角レンズは性能を保つため、どうしても個性を失いがちになりますが、ローデンシュトックやシュナイダーはそういうことはありませんでした。この2つのメーカーは個性が違いますが、ローデンシュトックの艶やかなメルヘン調の表現はたいへん魅力があります。それが広角でも味わえるのは大判レンズの作例を見ると明らかです。オールドレンズはなかなか良い広角がありません。19世紀のレンズでは大判で良い広角はありましたが、明るさは相当犠牲になっていたし、それからしばらくはフィルムサイズが小さくなると難しくなりました。そこを打開したのがツァイスで、ゲルツが開発したトポゴン系に見切りをつけ、同じくゲルツが開発したダゴールの画角を増す改良を行ったトロニエの設計をさらに発展させました。ビオゴンです。これは広角レンズに対する決定的な回答の1つで、他のメーカーにも採用されていきました。グランダゴンはその1つです。

 おそらく最初にローデンシュトックの設計師 カール・ハインツ・ペニン Karl-Heinz Pennigによって設計され(独特許 DE1094012)、それを引き継いだ フランツ・シュレーゲル Franz Schlegelが数度特許を申請しています。1つ目は1965.08.19、米特許 US3447861(独特許 DE1472195)です。スケールダウンにてフルサイズに合わせると28mm f5.6になります。大判レンズでしかも広角ですので明るさは相当犠牲になっています。



 2つ目は1967.11.28、米特許 US3517986(独特許 DE1288334)です。同じく、21mm f5.6です。すべての収差が左から右巻きになっています。この特許ではその図もあります。



 3つ目は1971.10.07、独特許 DE2012489で、18mm f5.6です。右巻きはかろうじて維持されています。



 続いて1974.09.20、独特許 DE2444954には焦点距離を変えて4つ載っていますが、どれもあまり変わらないので1つ目だけ見ます。どれも35mm判に合わせると21mm f4.5です。少し明るくなっています。



 1976.08.06 独特許 DE2635415は17mm f6.8です。ここには3つのデータがありますが、中央の貼り合わせを減らせるという説明で、ほぼ同じものです。その代償として暗くなっています。



 後代の方が設計に無理をしている感があります。望みの性能を得るのに苦労している感じがあります。3枚貼り合わせがありますし、大判のレンズを縮小するということなので、ガラスが薄くなり過ぎて製造困難で、期待した効果も出ないのではないかと思います。このレンズで作れないかと思った理由は、ローデンシュトックがビオゴンに拘っている理由におそらく一致します。シュナイダーはレトロフォーカスも柔軟に使っていきますし、その方が明るいです。それにも関わらずグランダゴンは何故ビオゴンなのかということなのです。かなり大きなものをシャープに撮ります。晴天で撮るとそんなに特徴はわかりませんが、光が少なくなるとビオゴンならではの美が現れます。大判は蛇腹ですから、前に大きく突き出すことも可能で、この広角で肖像写真も撮れます。近いものを撮ると良さは際立ちますね。ツァイスも結構後代までビオゴンを作っていましたが、それはやはり魅力があるからなんでしょうね。広角は魅力を出すのが難しいですから尚更です。

 もしこの種のものが28mmで製造できるとすれば、レンズの先端がフランジから約25mm出るだけというコンパクトなレンズで、絞りは開放固定で不要、距離も無限から2.5mで固定とすると安価に作れますしスナップショットには有用ですが中途半端です。かといってf5.6のレンズにどれだけコストを掛ける価値があるのかという問題もあります。距離をクリック式3段階ぐらいで1mに迫ると使いよくなるような気がします。この構造は現在ライカ本社資料室に1本のみ現存するスナップショット用に企画された「スナップショット・エルマー」と称される35mmレンズにも採用されていて、ピントリングは無限遠、10、3、1.75mの4ステップで距離計非連動というものでした。グランダゴンはかなり優秀なので破綻を覚悟でそのままf4まで回せるようにしてローデンシュトック独特の収差配置を露出させていって主に夜使うという裏技も考えられますが、ピントのステップの間隔が狭くなってくるのはともかく、f4ともなるとさすがに絞りは要るのでコスト高です。どこを取っても中途半端という難しさもあります。

戻る


無一居Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.