無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ゴージャスなパノラマの世界 グランダゴン「朦月」D5 28mm f5.6

2014.10.10

艶やかでメルヘン調のグランダゴン

 ローデンシュトックというメーカーは主に大判用のレンズを作っていたメーカーで、イマゴンというレンコン型フィルター搭載のソフトフォーカスレンズで有名でした。写真用のレンズよりも眼鏡の方が有名ですし、レンズも大判用、主にこれはプロ用かセミプロ用ですから、撮影レンズのメーカーとしては一般的には幾分マイナーな印象はあります。現代の撮影家の大多数にとってあまり馴染みのないメーカーです。しかしかつてライカ判で幾らかレンズを出していたこともありますし、それは素晴らしいものだったので、注視しないのは本当にもったいないと思わせるメーカーの1つです。ローデンシュトックがより力を得ることができなかったのは、安価な日本製が出てきたからだろうと思います。そういうこともあって、画質への拘りが強い大判の方へ向かったのかもしれません。そしてこの方向で現代まで生産を継続しています。

 ローデンシュトックの個性は大判でもライカ判でも変わらない共通したものがありました。さらに重要な点は難しい広角レンズの設計でもその個性を失わないことでした。広角レンズは性能を保つため、どうしても個性を失いがちになりますが、ローデンシュトックやシュナイダーはそういうことはありませんでした。この2つのメーカーは個性が違いますが、ローデンシュトックの艶やかなメルヘン調の表現はたいへん魅力があります。それが広角でも味わえるのは大判レンズの作例を見ると明らかです。オールドレンズはなかなか良い広角がありません。19世紀のレンズでは大判で良い広角はありましたが、明るさは相当犠牲になっていたし、それからしばらくはフィルムサイズが小さくなると難しくなりました。そこを打開したのがツァイスで、ゲルツが開発したトポゴン系に見切りをつけ、同じくゲルツが開発したダゴールの画角を増す改良を行ったトロニエの設計をさらに発展させました。ビオゴンの系列です。これは広角レンズに対する決定的な回答の1つで、他のメーカーにも採用されていきました。グランダゴンはその1つです。

 大判レンズで広角ですので明るさは犠牲になっていますが、ローデンシュトックの設計 (米特許 US3447861) を変更するわけにはいかないのでこのまま行きます。ただスケールダウンして小さなフィルムサイズに対応することにします。



 レンズの先端がフランジから約25mm出るだけというコンパクトなレンズで、絞りは開放固定で不要、距離も無限から2.5mで固定とすると安価に作れますしスナップショットには有用ですが、あまりに中途半端です。かといってf5.6のレンズにどれだけコストを掛ける価値があるのかという問題もあります。距離をクリック式3段階ぐらいで1mに迫ると使いよくなるような気がします。この構造は現在ライカ本社資料室に1本のみ現存するスナップショット用に企画された「スナップショット・エルマー」と称される35mmレンズにも採用されていて、ピントリングは無限遠、10、3、1.75mの4ステップで距離計非連動というものでした。グランダゴンはかなり優秀なので破綻を覚悟でそのままf4まで回せるようにしてローデンシュトック独特の収差配置を露出させていって主に夜使うという裏技も考えられますが、ピントのステップの間隔が狭くなってくるのはともかく、f4ともなるとさすがに絞りは要るのでコスト高です。どこを取っても中途半端で、それでも製造するとなるとローデンシュトック好きが一定数いないとなかなか難しいところです。しかし皆さんはよく頭を冷やして考えていただきたい、ホロゴンでOKだったら何でこれは駄目なのでしょうか。ホロゴンは無収差で何も面白みのないレンズです。グランダゴンは違います。f5.6だったら携帯で撮っておけば良いのか? ぜんぜん違うと思うのですが如何でしょうか。大判であればf5.6ぐらいは普通です。非常に高価なレンズが多いですがスペックはこれぐらいです。焦点距離が長いので、あまりに口径が大きいと被写界深度が稼げず撮りにくくなってしまうからです。この特性が大判の世界をちょっと違ったものにしています。我々が昼間に普通の、例えばf2.8とかそれぐらいのを持ち出して撮影すると外は明るいので絞ります。そうすると収差は減ります。劇的に減ります。それが気に入らなければf5.6のレンズを持っておいて開放で撮るのはこれまでになかった世界があるわけです。だからグランダゴンはf4に逃げたりするのではなくf5.6でないと駄目なのです。手持ちで撮影できるのは昼間だけだがそれで良いのです。そうでないとグランダではないのです。確かに大判との比較では被写界深度は変わってきますが、開放で撮れるかどうかが重要だと思います。

グランダゴンを
どうして復刻するか

戻る


無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.