無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ピンカム・スミス ダブレット「鼓灯」C3 ?mm f?

2015.11.15

アメリカ人の感性で作られたソフトフォーカスレンズ

 1901年、英国帰りの写真家 ホランド・デイ F.Holland-Dayという人物がボストン・オックスフォードのあるレンズ製造会社を尋ね、持ち帰った1つのレンズを見せました。それはダルメイヤーDallmeyer ベルグハイム Bergheimだったとされています。

ダルメイヤー Dallmeyer ソフトフォーカス SoftFocusレンズの広告
Dallmeyer Bergheim 光学図
 そしてピンカム・スミス Pinkham Smith社に、これと同じ物が作れないか、と持ちかけました。しかしピンカム・スミス社はダルメイヤーのレンズに納得せず、アメリカ人が好む描写に変更することを勧めたようです。ピンカム・スミス社の設計師 ワルター・ウォルフ Walter Wolfeにホランド・デイが助言して完成させたのが、シリーズI でした。

 やがてソフトフォーカスレンズにダブレットが使われるようになってきたので、ピンカム・スミス社でも製造することになり、1909年にシリーズII Semi-Achromatic Doubletが発売されました。しかし翌年にはf6だったシリーズIIをf4.5に高めたシリーズIIIを販売し、これはアルヴィン・ラングドン・コブラン Alvin Langdon Coburnの助言を受けて絵画的写真を意識したものに設計変更されました。1915年には、シリーズIV Visual Qualityをウォーレス・ギリス J. Wallace Gilliesの指導で完成し、これがピンカム・スミス ダブレットレンズの最終決定稿となりました。

 1920年にはシリーズIを改良し、f6からf5へ変更したシリーズV SyntheticをJ. W. Newtonの指導のもとに、さらにFloyd Vailの助言も受けて開発しました。シリーズVIは、シリーズVをグラフレックス Graflex或いはその他のレフレックスのためのものでした。このメインシリーズ以外に映画用の75mmレンズも見つかっていますが、これもソフトフォーカスなので、ピンカム・スミス社は写真レンズ分野ではソフト専門だったようです。おそらくガラスは自社生産、鏡胴はウォーレンサック Wollansak製だったとされています。そして1930年頃には製造を停止したようです。以下に全ラインナップをリストしておきます。


参考としてピンカム・スミス社のカタログ ,,もご覧下さい。

 現在、ピンカム・スミスのレンズは非常に高い評価を受けており多くの写真家が探していますが、製造個数が非常に少ないため購入は困難です。シリーズVIでもシリアルナンバーは2000番台です。ウォーレンサックに販売も委託すると当然自社のベリート Veritoを優先して売ると思いますので不利になりますが、他に方法がなかったのかもしれません。

 50年代半ばにフランク・ペックマン Frank Peckmanという肖像写真家がピンカム・スミスを復刻することを思い立ち、ピンカムの息子を発見して14インチ f4.5(8x10)のレンズを限定販売しました。この「Bi-Quality」レンズの製造個数は100余りでコダックの製造ではないかと言われています。現在では英クック Cookeが「PS945」という製品名で復刻しており4x5サイズに合わせた9インチ(約175mm) f4.5を販売しています。

 これがピンカム・スミス レンズの歴史のおおまかな流れです。各レンズは標準よりも少し長いぐらい、クックがPS945で復刻したシリーズIV No.1では35mm換算で焦点距離65mm相当です。印画紙サイズには各種用意していますが、焦点距離の選択肢を用意していないのは1つの特徴です。レンズ構成は2枚か4枚ですが、風景用と肖像用という区別は多少意識はしているものの厳密には分けていないらしいというのも興味深い点です。さらに描写の特徴も確認していきます。

ピンカム・スミス Pinkham Smith社広告から取材した写真1
 以下、同じカタログから取材したものですが、2枚構成と4枚構成のものが混じっていますので、そのあたりに気をつけながら見ていきます。上の表紙の写真はおそらくシリーズ V のものです。後方のボケは霜が付着したような感じです。焦点が合わせられた幹もかなり柔らかい感じがあります。

ピンカム・スミス Pinkham Smith社広告から取材した写真2
 シリーズ IV の作例で、書いていませんがこれは絞り開放です。固定式ソフトフォーカスレンズで開放から使えるのは珍しいと思います。絵画調の表現を意識しているようなので、その表現を開放付近に求めたのだろうと思います。

ピンカム・スミス Pinkham Smith社広告から取材した写真3
 シリーズ V の作例です。どの程度かわかりませんが、絞りはかなり開けて撮っています。もしこれぐらいにピントを合わせておいて2段も絞れば放射状のボケが画面周辺から中央へ流れ、特撮のような画像になってしまいます。もちろん、カタログではそういう写真は紹介していません。2枚玉ですから収差が多いのは当然で、むしろそれを利用しているのですからなおさらですが、このことからわかるのは非点収差の残留が多く、湾曲もかなり激しいということです。球面収差、色収差共に大きいですが、派手に収差を利用しているわりには、諸要素のバランスが取られて結構無難にまとまっているというところが本レンズの特徴だと思います。

ピンカム・スミス Pinkham Smith社広告から取材した写真4
 シリーズ IV の例で、これは1.5段ぐらい絞っていると思います。焦点はかなり鮮明ですが、同時代のその他のソフトフォーカスレンズと比較すれば相当なボケ玉です。ガラスを4枚に増やしたので2枚玉より性能は増していますが、基本的な収差の傾向は変えていないようです。作例はクローズアップしていますのでわかりにくいですが、湾曲を多く使って中央に集約させる技法は4枚玉でも採用されています。

ピンカム・スミス Pinkham Smith社広告から取材した写真5
 再度シリーズ V に戻っています。2枚玉でもこれぐらい近づけるとより鮮明になるようです。

 2枚玉も結構魅力的なレンズですが、やはり4枚玉の方が求心力があると思います。開放の描写の品格に差があると思います。たいへん魅力的なレンズなので現在でも復刻されている程ですが、現代のデジタルに合わせた焦点距離の変更は挑戦されてはいません。デジタルはかなりの引き伸ばしにも耐えられる品質になってきていますので、大判独自の世界があるのはわかりますが、だからといって大判のみにこだわるべきと考えるのは時代遅れのような気がします。オリジナルは長焦点なのでf値は4.5あたりでも十分ですが、短くするのであれば最低でもf2ぐらいは欲しいところです。そうでないとオリジナルの雰囲気は出ないと思います。

 それと色収差についてですが、過去の復刻版はこれを補正しているように見えます。その理由はおそらくカラーに対応するためと思います。コーティングも入れています。そうすると別物になってしまうと思うのですが、オリジナルのままであればカラーでは使いにくくなっていまいます。かなり悩ましい問題なので過去の復刻は、議論を避けた上で作られてきたようです。無一居では批判覚悟で色収差を規定量足したいと思います。そうでないと魂が抜けたように感じられるからです。それにオリジナル製品名は、Semi-Achromatic(半色消し)となっていて色収差の補正状況が前面に押し出されているのに、これを完全Achromaticにしてしまったらもはやそれはピンカム・スミスとは言えないと思うのです。

ピンカム・スミス ダブレットを
模倣する上で重要な点

戻る


無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.