無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

映画肖像用の収差を応用した
ニコラ・ペルシャイド「鼓灯」C2 80mm f4.0

2015.02.01

ドイツ人によるレクチリニア型のソフト・フォーカスレンズ

 写真レンズというのは、収差の扱いにおいて本来微妙な匙加減の求められるものですが、ポートレート用レンズであれば場合によっては大きな収差を扱うこともあるので単体モデル毎の違いが分かりやすくなってくるということもあるし、メーカーによってある程度方向性が決まっていることもあると思います。選択できるものが限られているという事情があることから、市販のレンズが気に入らないということもあって、それで特注で作ってしまう人もいました。1920年代から大戦までの期間は世界大恐慌などの混乱した中で映画産業が大儲けし、光学界に対しても金に糸目をつけずに要求してゆく時代だったので、大きな投資が必要なレンズの製造を個人で特注してしまうという例は実際にありました。その中の幾つかは市販もされましたが、制作依頼した人物が有名であれば同じ物が欲しい人はいたと思うので、そういう要求から販売に至ったということもあったようです。このようなレンズの中にニコラ・ペルシャイド Nicola Perscheidの名を冠したレンズもあります。

 ニコラ・ペルシャイドはドイツの肖像写真家です。その名が当時の欧州でどれぐらい影響力があったかわかりませんが、本人が生涯貧乏だったのは間違いないようです。写真家としての生涯は重要な賞を幾つも勝ち取ったり、ザクセン宮廷写真家、次いで大学教授の職を得たりと、失敗だったとは言い難いものですが、晩年には治療代を支払うために機材を売り払う程まで困窮していました。ペルシャイドが使用していたレンズはゲルツ Goerzのハイパー Hyparでした。トリプレット型(3群3枚)のポートレートレンズです。ハイパーの質を考えればペルシャイドが多くの優れた作品を撮影できたことは納得できますが、ペルシャイド自身は自分の理想とは違うと思っていたのかもしれません。そこでフォクトレンダー Voigtranderに連絡をとり、Zincke Sommerという設計師の助けを得て理想のレンズを完成させました。しかしフォクトレンダーはラピッド・レクチリニア型(2群4枚)では時代遅れで売れないと考えてこの企画を却下しました。この経緯は興味深い点を含んでいます。

ニコラ・ペルシャイド Nicola Perscheidの肖像
ニコラ・ペルシャイドレンズで撮影した本人の肖像

 1つは、ペルシャイドがレンズを発注する時に「特注」という形ではなく「顧問」として話を持ちかけたようだということです。特注であれば自分が費用を負担しなければなりませんが、技術援助としてであれば、メーカーが作ったものを販売し収入が得られる上、自分の懐を痛めずにレンズも入手できるからです。ところがこの話は破談になったので、フォクトレンダーは試作のレンズをペルシャイドに渡さなかったようです。なぜならペルシャイドはこの後、エミール・ブッシュ Emil Busch社に同じ話を持ちかけて、レンズを入手する努力を継続したからです。

 2つ目の興味深い点は、ペルシャイドがレクチリニア型で設計するという部分を譲ろうとしなかったことです。フォクトレンダーのような力のある会社ですら売れないと言うぐらいの時代遅れの構成に拘ったのです。ポートレートレンズに関しては当時既にトリプレットかペッツバール型(3群4枚)が優勢でした。そこでこの3つのレンズ構成をここで確認することにします。

トリプレット型 トリプレット型

ペッツバール型 ペッツバール型

レクチリニア型 レクチリニア型

 レクチリニアとペッツバールは後群の貼り合わせがあるかどうかの違いですが、描写には違いがあります。貼り合わせが多いと画面に重厚感が出てきます。そうするとボケ味には結構影響があります。ともかくペルシャイドに具体的なイメージがなければこの違いに拘ることはなかった筈です。そこで当時既にあったレクチリニア型の構成を採用したポートレートレンズを探してみると行き着いたのは、1つは仏ラコール・ベルチオ Lacour-Berthiotのエドスコープ Eidoscopeです。このレンズは下ってソン・ベルチオ SOM Berthiot時代には子会社のエルマジ Hermagisが製造していましたのでわりと息の長いレンズだったようです。ベルチオが当時の欧州の流行に構わずこの構成を採用し続けたのは彼らの美意識を表現するのに相性の良いものだったからだと思われます。淡いグラマラスな妖艶さを表現しようと思えば確かにトリプレットやペッツバールでは不足があったのだと思います。それにベルチオのような古い会社はレンズを重ねるのを好む傾向があるように思います。ラコール時代にはペリグラフィ Perigraphieという広角風景用レンズと、ユリグラフィ Eurygraphieという肖像用レンズを製造していましたが、その構成はいずれも2群6枚でした。ペリグラフィの構成だけ2種見つかっていますので掲載しておきます。

ペリグラフィ1 ペリグラフィ1

ペリグラフィ2 ペリグラフィ2

 ベルチオは独ゲルツ Goerz ダゴール Dagorの構成を使ってフランス人独特の感性を表現していました。ここから一枚貼り合わせを減らしたエドスコープはこれもエミール・ブッシュが発明したビス・テラー Bis-Telar (英特許 GB15732) から取り入れたものと思います。

ダゴール型 ダゴール型

 テッサー型についても後群の貼り合わせを3枚にするのは、当時特許逃れの意味合いがありましたが、ベルチオの設計師チャーレ・アンリ・フロリアン Charles Henri Florianが3枚重ねの特許を取り、オロール Olor (米特許 US1122895) として販売し、やはりここでも積極的に貼り合わせを活用していました。

オロール オロール

 さらに参考にした可能性があるモデルとして、米国で初めてソフトフォーカスレンズを作ったと言われるピンカム・スミス Pinkham & Smithが2つ目のシリーズとして発売したダブレット Doubletもあります。これも当時の肖像レンズの流れとは異なり、2群4枚の形式でした。

 ペルシャイドが貼り合わせの醍醐味をベルチオやピンカム・スミスから感じとったのであれば、特注せずにそれらをを使えば良かったと思います。しかしベルチオにはフランス独特の感性があり、ピンカム・スミスはアメリカ人の感性で作っていますので、満足できなかった可能性はあります。この経緯が正しければペルシャイドはフォクトレンダーに行く前にゲルツに提案して拒否されていた可能性が高いと思います。なぜならペルシャイドはベルリンに住んでいたからです。こうした失敗を経てセールストークに工夫を凝らし、エミール・ブッシュ社を陥落させた可能性が考えられます。収差の配置はペルシャイドの意見を大いに取り入れる形で制作された模様で、その最終決定は大雑把ではありますが特許が取得され、レンズにもパテントナンバーが記載されていました (独特許 DE372059)。

ゲルツ・ハイパーの広告 ゲルツ・ハイパーの広告

 要点を採り上げると、ソフト効果は2つの収差を利用し、1つは球面収差で焦点距離の0.25~0.5%を加えるとあります。ペルシャイドの場合はアンダーとしているようですがこれについては書いていないようです。この時の口径はf5と決まっています。さらに色収差を加え、これは瞳の大きさによって2~4の比率とあります。色は屈折率が違いますので中間の緑で2ヶ所位置決めします。1つはレンズの縁、もう1つはレンズ直径の√2のところです。その部分の青との誤差を比較して2~4倍にするということです。

 こういう収差の設定の仕方は独特だったのでしょうか? そんなことはないように思いますが、これで特許を取るような人は今までいなかったようです。考えられるのは、この計算方法を明文化してそれによって特許を取得、その上で旧式のレンズ構成を批判する顧客には特許を示して新しい発明ということを提示するということだったのかもしれません。そのためにパテントナンバーを胴体に打ったということは考えられます。このレンズがセールスにならないとフォクトレンダーが気がついたのであれば同じぐらい歴史のあるブッシュも同じように考える筈です。そこでペルシャイドがこの "奥の手" を提案し、ブッシュを納得させたのだろうと思います。推測の域を出ませんが、これぐらいしか相応しい説明が思いつきません。こういう販売上の工夫があったことで、レンズが世に出たこと、そしてペルシャイドが妥協せずに済んだことは良かったと思います。

 おそらくこのレンズの価値は、ドイツで作られたレクチリニア型のポートレートレンズというところにあるように思います。それが他にない独特の魅力になっているように思います。パテントではf5を基準に考えています。しかしデジタルセンサーに対応した焦点距離にするのであれば、大判の何百mmという長さではあまりに長過ぎるので短くしなければなりません。長ければf5でもいいかもしれませんが、短くするならf値をもっと明るくしないと被写界深度が深過ぎてボケ味が味わいにくくなってしまいます。そのあたりも変更の必要があります。しかしf4.0というこのレンズのデータを見いだしましたので、それを極力短く、80mmであれば可能でしたのでそれで復刻したいと思っています。





 上はf4.0で下はf2.8です。確かにf4が限界です。高品質な画を約束できるのはせいぜいf4までなのは間違いありません。それでも一応f2.8まで回せるようにしておこうと思います。周辺が乱れてもより薄いピントが欲しい場合もあると思うからです。それでもスペックはf4とし、ここにクリックを入れて、デンジャラスゾーンとしてf2.8まで用意する、少々大げさですがこの方が良いと思います。スペックの表記としては、頑なにこのレンズがf4であることを示すことによって設計者に敬意を表することにします。

ニコラ・ペルシャイドの撮影例 ニコラ・ペルシャイドの撮影例

ニコラ・ペルシャイドを
模倣する上で重要な点

戻る


無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.