無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

レンズ黎明期のダブレット「鼓灯」C0

2015.11.20

大昔のダブレットを確認する

 古いレンズを見ていくと、枚数を使っていないのに結構良いものがあったりします。完全なのは最低4枚ですが、そこを1枚引いたものもそれなりに味があります。だったらもう1枚引いたらどうなるのか、これはイメージサークルが巨大な大昔のレンズになりますので例えレンズそのものを入手できても描写を確認するのは困難です。とはいえ、データがあるのだったらコンピューター計算であれこれ好きなことは言えますので駄目元でやってみようということになりました。

 2枚の色消しを中心に見ていきますがそれだったら1枚というのから始めないといけません。ウォーラストン Wollastonの単レンズです。本稿はすべてトラオレの設計書の順番に進めます。63節がウォーラストンですのでそこからスタートです。

ウォーラストン単レンズの光学図
ウォーラストン単レンズの縦収差図
 一枚だったらこれぐらいはできるということなんでしょうね。焦点距離は560mm(画角60度) 口径はf11です。これでは収差がわかりにくいので50mm相当で見てみましょう。

ウォーラストン単レンズの縦収差図50mm
 かなりのボケ玉には違いないですが、1枚ですから。球面収差が-1.7ぐらい、歪曲は-3.8というところです。

フラッセの光学図
フラッセの縦収差図
 色消しになったフラッセ françaisのレンズです。焦点距離は100mm(画角27.3度) 口径はf12です。随分優秀になりました。焦点距離はオリジナルデータ通りで出しますが、収差は以降も50mm相当で見ていきます。

エミール・ブッシュの光学図
エミール・ブッシュの縦収差図
 独エミール・ブッシュ Emil Buschのレンズです。データは180mmでf15、画角はおそらく26度です。色消しは3面あります。そのうち、第一面を平面にして製造しやすくしてあります。

ゲルツの光学図
ゲルツの縦収差図
 ブッシュの近所に住んでいたゲルツ Goerzはさらに上をいきました。第一面は平面、第二と第三を共通にしました。しかもf13.5と明るくなり、画角は70度です。光学図は同じ180mmです。

ダルメイヤーの光学図
ダルメイヤーの縦収差図
 英ダルメイヤー Dallmeyerは貼り合わせをもう1枚増やしました。だけど画角と口径はわかりません。一応画角は先ほどと同じ70度、口径はf10で出してみました。光学図は100mmです。焦点距離はだんだん短くなってくるし、収差もどんどん優秀になってきます。

 収差図は一様に左に倒れていますが、これは当時の乾板の関係だと聞いたことがあります。レンズをこう作っておかないと何らかの問題があるらしいです。であればやはりこれらを現代のフィルムであるとかデジタルで撮るのは好ましくないでしょうね。

ミッテンズウェイの光学図1
ミッテンズウェイの縦収差図1
 ミッテンズウェイ Mittenzweyという人物が肖像撮影専用として3種の設計を発表した内の1つ目です。100mm f3.4で画角は一応30度で出しています。周辺がすごく乱れていますが、絞りをレンズから離すと消えてきます。それでも完全に消えるほど前に出すことはできないので確実に残留します。それを善用する方法で撮影していたのかもしれません。古過ぎて現物がないのでよくわかりません。残り2つも見ていきます。

ミッテンズウェイの光学図2
ミッテンズウェイの縦収差図2
ミッテンズウェイの光学図3
ミッテンズウェイの縦収差図3
 2つ目は100mm f3.4、3つ目は295mm 一応f6で出しています。つまりこれは2つ目がソフトフォーカスで、3つ目はアップでしょうね。肖像用レンズはここからが始まりだったということですね。この後、3~5枚の貼り合わせが続きますのでカットして最後にいきます。

ランドスケープの光学図
ランドスケープの縦収差図
 色消しとそれを補佐する1枚で3枚編成になりましたが、やはり絞りはレンズの前面にあります。ダルメイヤーのレクチリニア・ランドスケープ Rectilinear Landscapeレンズです。これは風景用だと思います。光学図、収差図共に50mmで出してみました。f17.6は指定されています。

 復刻する価値のありそうなレンズはなかったですが、そこは実際に製造して撮影してみないとわからないでしょうね。いずれにしても古過ぎるレンズは良くないことが多いですね。絞りを前に置いたレンズは良くないでしょうか。良いものもあると思います。ピンカム・スミス Pinkham Smithや同じページに記載してあるダルメイヤーDallmeyer ベルグハイム Bergheimなどです。これらはどちらも素晴らしいレンズで、レンズ構成がほぼ同じなのでこの構成はかなり筋が良いのかもしれません。

 他には絞りがレンズの後ろに配置されるものもあります。ゲルツ フロンター Frontar (米特許 US1643865)、ベス単などが有名です。ここに挙げたレンズでフロンター以外はソフトフォーカス使用なので、ガラス2枚ではどうしてもそういう使用法になっていきがちなのかもしれません。フロンターは3種の設計が載っていますので全部見てみましょう。

フロンター1の光学図
フロンター1の縦収差図
 f9で画角は一応50度で見ています。そこで焦点距離を47mmとしてみました。一般に市販されていた名玉はf11ですのでこれは違います。

フロンター2の光学図
フロンター2の縦収差図
 今度はf11ですから量産化されたものだと思います。3つの中でこれが一番良いと思います。

フロンター3mの縦収差図
 フロンターは特に2~3mぐらいが秀逸とされていますので、3mで様子を見てみました。

フロンター3の光学図
フロンター3の縦収差図
 f9ですが、ガラスを貼り合わせず僅かな隙間を空けているものです。いわゆる空気レンズという技法だと思いますが、果たして効果があったのかまでは読み取れません。画角は下げる必要があったので、これは50mmになっています。

戻る

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.