無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ベレクの50mmレンズ
エルマー・ヘクトール・ズマール・ズミタール
・ズマリットを比較する5

オールドライカ50mmレンズの描写について考察します - 2012.08.05


ライツ ズミタール 50mm f2
Leitz Summitar 50mm f2

 ライカレンズの完成形はエルマーとズミクロンですが、ベレクレンズの完成形は何でしょうか。エルマーはベレクが設計したものです。ズミクロンは弟子が設計したものです。エルマーはベレクの代表的なレンズですが、彼はこのレンズを設計した後、明るさとの戦いを始めました。そうであればエルマーは完成形であると同時に始まりでもあったということができます。一方、ベレクの研究が彼の死後に成熟したズミクロンも大きな流れでみれば、ベレク派の作品です。

ズミタール50mmレンズの光学設計図 ズミタール50mmレンズの光学設計図

 そのように言える背景には、このライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2の存在があります。ズミタールがあるゆえにズミクロンはズミタールの改良型に過ぎないという見方も可能です。ベレクにとってズミタールがf値2のレンズの完成形だったかどうかはわかりませんが、完成形として推しても良いと思わせるぐらいのクォリティを備えているのは間違いありません。事実ベレクレンズとしてこれを集大成的なものとみなすのは、ベレクがこれ以降、f2のレンズの設計を行わなかったことから考えても妥当だろうと思います。

 それでは、前回の続きで桂林界隈をズミタールレンズに交換して撮影していきましたのでご覧いただきます。3日に三江・古宜鎮からバスに乗り桂林(gui-lin)へ出たことについてはすでにお話しました。そこからすぐに別のバスに乗り継いで、阳朔(yang-shuo)へ向かいます。ここは漓江(li-jinag)下りの終着点です。都会の桂林よりも阳朔の方が風情があるので多くの旅行者がここへ滞在します。沈没地として有名なところです。しかしここも出て、しかも桂林方面へ少し戻ります。行き先は兴坪(xing-ping)という田舎町です。どうしてこんなところに行くのでしょうか。

 兴坪は漓江沿いにあります。もちろん目の前を漓江下りの船が毎日通過していきます。この漓江下りのハイライトがつまり兴坪付近なのです。桂林で最も美しい場所で、紹介される写真もここのものです。20元紙幣の図柄もここです。川下りはしないのでしょうか。ここには竹の船があります。大型客船に乗って大勢の人がいて満足に見れないより、こちらの方が良いのではないでしょうか。そこでまず兴坪に向かうことにしました。その後、阳朔に戻って1泊し、夜行バスで深圳(shen-zhen)に入ります。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 桂林の風景
ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 桂林の夜景
ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 朝日が射す桂林の山々
 雨が少し降るなど天気が悪く、かなり霧が出ていましたので、山ははっきり見れませんでしたがこれもまた雰囲気が出て良いのかもしれません。昼間の2枚はとても開放では撮れず、かなり絞り込まないと撮影できませんでした。最高速1/2000ですが、1/8000は必要な状況でした。それでこの写真はレンズ評価の参考になりませんが、とりあえずこういう風に撮ることができるということと、山の写真がないとおかしいので、とりあえず貼り付けておきます。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 筏船
 このような観光用筏船を使って遊覧します。焦点は写真左下の竹の先の白い部分です。奥に向かって焦点から離れますが、このようにこのレンズは奥へのボケを利用するのが使いやすいようです。ボケを嫌う作画の場合は絞る必要があります。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 漁師の筏船
 地元の船はこういうもので、これがこの地方の筏船の本来の姿のようです。鵜は2羽ペアで漁を行うようです。決まってどの船も2羽です。船と漁師、背景の霞がかかった森との対比が良い感じです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 門と篭
 兴坪には旧市街もあり、保存の努力もされているようです。ボケは前後で異なり、かなり癖があります。柔らかいボケですが、かなりきつい感じです。後ボケは硬い印象です。この2種類をうまく使い分ける必要がありそうです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 古い浮き彫り
 外からの光を受けた彫刻です。本来はもう少し絞らないといけませんが、開放で撮っているために前後のボケの特徴の違いが出ています。右の方が前ボケ、中央に焦点が来ており、左が後ボケです。ライツのレンズですから、こういう画でのコントラストの出方は秀逸です。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 椅子に座る老人
 服の質感など柔らかく捉えていますから、このレンズをそのままポートレート用に使ってもかなり良さそうです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 桂林のガイド
 ガイドを職業とするおばさんがたくさんいます。あるのは山と川、これだけで世界から人が集まり、住民の多くが生活しています。後ボケはボケらしく写らないような工夫がしてあるように感じられなくもありません。対象もうまく浮かび上がりますから、その辺のさじ加減はかなり調整してありそうです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 兴坪旧市街と夕日
 夕方に遠くを撮った画ですが、このような場合は当然、絞る必要があるものの、本稿では開放が原則ですから、どこにピントを持ってくるのか、考えないといけません。もし無限であれば手前の人物がソフト効果がかかったようになってしまい、非常に見づらくなります。それで必ず手前からピントを合わせて遠景をも撮影することになります。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 阳朔の町と山
 兴坪を出て比較的大きな町・阳朔に戻ります。この町は四方を奇岩に囲まれています。退けられないので人々の方が岩を避けるように生活しています。これがまたおもしろいということで、今では暗くなるとこの奇岩群にスポットライトを浴びせています。桂林も同じで街の中に奇岩がそそり立っています。これもピントは手前です。右手の白い建物の壁です。ですから、それより手前はボケています。しかし後ろはボケを感じません。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 操り人形
 着物の質感とトーンが良い感じです。思うに、この人形群は意外と傑作かなという感じがします。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 ビール屋の人形
 前ボケを活用した画です。前は非常にボケますので、こういう絵作りの場合は使いやすいです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 レストランのメニュー
 1mに合わせたピントから遠くを大きくぼかした画です。ここまで極端に持っていくと収差が確認されます。とはいえ、夜景であればこれも良いものです。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 アクセサリーを選ぶ少女
 一方でそんなに距離に開きがないならば、後ボケも安定します。手前はやはりソフト効果がかかったようなボケが出ています。

ライツ Leitz ズミタール Summitar 50mm f2 書道を嗜む年配者
 光の濃淡の激しい難しい画ですが、うまくトーンを捉えています。この辺はライツのお家芸です。

戻る  コラム  続き

  無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.