無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

洗練されたキノプティックのリスト

フランスレンズの最も洗練されたリストを示すキノプティック - 2012.11.11


 キノプティック Kinoptik は受注生産にて顧客からマウント指定を受けた上で出荷していました。プロの映画用の機器であって、同社のアポクロマート Apochromatは5色補正(一般には3色補正。光の3原色を補正する。)という驚異的なものでした。それゆえ、価格は非常に高く、すべての製品が特注扱いになっていました。レパトワール(フランス語で「レパートリー」の意)はおおむね以下のような感じで、焦点距離とマウントをメーカーに告げて到着を待つという感じでした。

 戦前にはすでにアポクロマート全種類 25~150mmを揃えていました。それ以外は戦後に追加されたものです。

名称 焦点距離(mm)/f値 最短距離(m) 重量(g) IS(mm)
Super Tegea 1.9/1.9 N/A 800 8.7
Tegea 5/1.6 N/A 960 16
Tegea 5.7/1.8 N/A 800 16
Grand Angle 9/1.5 0.25 260 16
Grand Angle"N" 9/1.5 0.25 580 16
Tegea 9.8/1.8 0.25 980 26
Tegea"N" 9.8/1.85 0.3 1680 26
Grand Angle 12.5/1.5 0.25 270 16
Grand Angle 18/1.8 0.25 260 16
Grand Angle 18/1.8 0.25 260 28
Apochromat 25/2 0.35 165 28
Apochromat 28/2 0.5 170 30
Apochromat 32/2.8 0.6 200 30
Apochromat 35/2 0.7 200 30
Apochromat 40/2 0.7 180 30
Apochromat 50/2 0.75 230 31
Apochromat 75/2 1 490 32
Apochromat 100/2 1.2 720 42
Apochromat 150/2.5 2.5 950 42
Special Cine 210/2.8 4.25 2200 40
Special Cine 300/3.5 6 2260 40
Aplanat 500/5.65 8 3220 43
Kinoptar 1000/8 3 7780 43

 右に設けてあります「IS(mm)」は、イメージサークルの大きさのことです。レンズは円形でデジカメのセンサーは四角です。センサーの角までしっかり写そうと思えばセンサーの対角線分の直径の光を得る必要があります。それをイメージサークルと言います。表に示してあるのはキノプティック社が品質を保証できると考える公式発表の値です。実際のイメージサークルはもっと大きくなるのであまり神経質にデータを見る必要はありません。例えばアポクロマート50,75mmあたりのイメージサークルはせいぜい30mm足らずです。それにも関わらずフルサイズで撮っても暗角は出ないようです。一方本コラムで28mmを撮影していますが、APS-Cで特に室内を撮影した時に角が微妙に暗い感じがします。そのあたりを念頭に置いて参考にしてみて下さい。センサーの対角線のおおまかな値は以下に示します。イメージサークルの小さいテゲアはマイクロフォーサーズでも厳しそうです。


 キノプティックは基本的に受注生産であって、顧客の希望でマウントを取り付けて出荷する方法にて販売していました。同社は創業者の息子が会社を売り飛ばし、右往左往の後に2008年に滅亡しましたが、苦情が相当なものだったようで、後に復活しました。(苦情の主な原因はマストアイテムの50、75mm f2あたりが高騰したためです) 現在、新品が購入でき、上記のリストのものが購入可能です。アジアの代理店は香港人のリチャード氏が設立したボケ光学(Bokeh Optical Co.)です。まずは非常に評価の高い50,75,100mmの3種を優先して製造し、後々9~1000mmへとラインナップを広げる予定ですが、主要ラインナップはアルパ ALPA用のみで特注すればライカのマウントを付けてもらうことも可能な筈です。注文時に10%支払い、その後3~5ヶ月待たされるとあります。生産数は極少と断っています。価格は3000~6000ユーロぐらいです。プロではない個人の愛好家にも普通に単品販売するとあります。マウントを必ず指定する必要があります。

 シリアルナンバーは初期のものと、末期の番号は不明確で、全体的にも概略的なものです。

シリアルナンバー
1953
13,000~15,000
1954
15,000~17,000
1955
17,000~20,000
1956
20,000~23,000
1957
23,000~26,000
1958
26,000~29,000
1959
29,000~32,000
1960
32,000~35,000
1961
35,000~38,000
1962
38,000~41,117
1963
41,118~45,000
1964
45,000~47,000
1965
47,000~49,000
1966
49,000~51,000
1967
51,000~54,000
1968
54,000~57,000
1969
57,000~60,000
1970
60,000~64,000
1971
64,000~68,500
1972
68,500~73,000
1973
73,000~78,457
1974
78,458~81,116
1975
81,117~84,551
1976
84,552~87,856
1977
87,857~90,048
1978
90,049~92,492
1979
92.493~95,094
1980
95,095~98,515
1981
98,516~99,839
1982
99,840~101,402
1983
101,403~103,643
1984
103,644~104,787
1985
104,788~106,791
1986
106,792~108,576
1987
108,577~110,126
1988
110,127~111,531
1989
111,532~112,646
1990
112,647~113,288
1991
113,289~114,211
1992
114,212~115,399
1993
115,400~115,923

コラム

  無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.