無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

フランスの品格が導き出した3つの表現2

フランスレンズの濃厚な美について - 2012.05.23


ソン・ベルチオ シノール 50mm f3.5
SOM Berthiot Cinor 50mm f3.5

 次に淡調型のレンズの例として、ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5を見て参ります。4群4枚、スピーディック Speedic型です。大种寺の鐘博物館です。

ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 鐘
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 鐘の細工
 まず室内の撮影ですが、爆濃型のレンズ程、際立った特徴があるわけではありません。パースペクティブもこちらの方が50mmですから狭い筈なのですが、実際にはあまり変わらないような気もします。動画用のレンズなのでピントが掴みやすいようにこのように作ってあるのかもしれません。トーンは若干淡いものの、こちらの方がシャープです。

ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 円形の建物
 元々おそらく8mmムービー用のレンズなので(購入時にすでにCマウントに改造してあったのでCではないのは間違いありません。Dマウントだと思います。)本来使う感光範囲はもっと狭いですからほとんど破綻のない望遠レンズだったのだろうと思います。これはAPS-Hの範囲なのでさすがに周辺は多少の問題があるようですが、気にする程ではありません。

ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 中国の木
 このレンズはライカ判換算で本来映画で使う場合、焦点距離200mm換算というところです。こういうレンズを映画で使うということは人物のアップを考えているのは想像に難くありません。それで木にだいぶん寄ってみました。これだけシャープに写るのは女性は嫌がりそうですが、女優さんだったら問題なかったのでしょうか。

ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 中国の庭1
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 中国の庭2
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 中国の壁と建物
 屋外の公園内を撮影してみます。もはやアジアの雰囲気はありません。前後のボケ味が非常に上品です。それに微妙なフレアの出方が独特です。この表現は淡調型の土壇場です。

ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 黄色の光のオブジェ
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 白い光のオブジェ
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 ランプ
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 アラビアレストラン
ソン・ベルチオ SOM Berthiot シノール Cinor 50mm f3.5 噴水
 夜に撮影するとかなり様子が違ってきます。割と暗いところでも繊細に写ります。ライツのオールドレンズではこのようには写りません。暗い部分がもっと不明瞭になります。とはいえ、絵作りの違いの方が顕著です。

戻る  コラム  続き

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.