無一居

空想のレンズを作ってしまう「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

古典的ドイツ光学の源流地を辿る5

ドイツレンズの"味"とはどういうものなのだろうか - 2012.10.18


メイヤー トリオプラン 25mm f2.8
Meyer Trioplan 25mm f2.8

 戦前のメイヤー Meyerについてはすでにトリオプラン Trioplan 50mm f2.8をご覧いただきましたが、その時に同時に同じトリオプラン Trioplan 25mm f2.8も入手しましたので、今度はこちらを見ていきたいと思います。同じトリプレットですがどうでしょうか。

 50mmの方とは違い、だいぶん霧膜がかかるレンズでしたので、フランス製霧膜型レンズの扱い方と同じ方法で処理済みの画を並べていきます。尚、映画用広角レンズということで暗角が出ていますが、白みを消す処理を行うとこの暗角がますます大きくなってきます。それで写真によって暗角の大きさが違いますが、それは処理の強度が異なるためです。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 北京師範大学付属中
 北京・什刹海の西側は胡同と呼ばれる古い建築と通りが残っているところで観光スポットになっています。しかし庶民の生活のエリアだけでなく、立派な建物も残っています。北京師範大学の建物で現在は付属中学として使われているこの建物は重要文化財級でかなり見ごたえがあります。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 旅行インフォメーション
 描写の根本の部分は50mmのトリオプランと同じかもしれませんが、白膜が出ることによってだいぶん受ける印象が違います。柔らかい対象の肌合いはフランスレンズのようではありますが、しかしドイツ的な凛としたものも合わせ持っています。トリオプランはスチールで撮影するとポートレート用途になるということでしたが、この25mmをポートレートに使うのはどうでしょうか。無理があるような気がしないでもありません。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府
 王府と呼ばれるかつての大富豪の邸宅もあります。この岩山の中に「福」の文字を掘り込んだ石があって触ると金運が増すということで人々が押しあって群がっていますが、なぜか年寄りばかりです。年を取ると気持ちがわかるようになるでしょうか。加齢臭がすごいエリアですが、そっちの方を何とか改善した方が実質的に金運が上がりそうですが、いかがでしょうか。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 門
 本レンズの改造は距離計連動にすることができず、カメラ内部に入り込んでいますので、表面は非常にコンパクトなパンケーキ型となりました。25mm f2.8で目測であれば問題ないレベルです。焦点の合ったところは一応シャープに撮れていますが、ずれたところは絵画のようです。この味わいは美しいので活かしたいところです。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 階段
 本レンズは0.5mぐらいまで寄れますが、これは1mぐらいです。トリオプラン50mmであれば、硬く写りますがこちらは柔らかくなります。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 青銅の水入れ
 金属でできた硬質の物体ですが、こういうものすら絵画のように写ります。"真実を写し取る"という写真の本来の姿から離れているような気がします。それも当然、写真用のレンズではないからでしょう。気になるのは、奥へのパースペクティブが異常に広いことです。1.5mぐらいのところを撮っているのに奥がボケている感じがあまりしません。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 窓の模様
 これはどこにピントが合っているのでしょうか。酷い画になってしまいました。こちらと向こうの建物の中間が焦点だろうと思いますが、パースペクティブが広いのに、このようにすべてがボケてしまうこともあります。射し込む光を撮るのはあまり良くないようです。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 やかん
 肉眼で見て特に魅力のある対象ではありませんが、こうして見ると静物鑑賞的観点から見ごたえがあります。物体を溶けるような柔らかさに変えてしまう特徴があるようです。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 円形の門
 今度も射し込む光ですが、内側はかなり暗い環境です。これならまだ鑑賞に堪えられますが、どちらかというと苦手な印象はぬぐえません。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 室内を覗く観光客
 かなりぼけていますが、これはおそらく無限遠に合わせたまま撮っています。ベストのタイミングを逃すまいと焦ったものと思います。前ボケの特徴が出ていますが、これがなかなか良いのでどのように活かすかが鍵になりそうです。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 カフェ
 こちらもうっかり無限遠で撮ったものと思いますが、そのため手前が柔らかくなっています。柔らかくなりすぎていますが、もう少し手加減して焦点を引付けるといい塩梅だった可能性はあります。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 写真を撮る観光客
 中国人マダムの日常的撮影風景です。ムービー機能もしっかり活用していくのは当然です。邪魔な人間は積極的な声掛けで退かしていきます。撮影に熱中するあまり仲間を見失うと大声で呼び続けます。あまりの騒音に半径5m以内に誰も寄りつきません。知らない人に「お兄ちゃん、止まって」などと言って愛機を構えることもあります。

メイヤー Meyer トリオプラン Trioplan 25mm f2.8 恭王府 写真を確認する子供
 これはどうしてピントがずれているのかわかりません。おそらく奥に行ったと思います。ここはきっちり決めたかったところです。少女は写真のチェックに余念がないようです。しっかり見習っておれば、もう一回撮り直すことも可能だっただけに残念です。

戻る  コラム  続く

無一居Creative Commons License
 Since 2012 空想のレンズを作ってしまう「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.